« 鯵のタイカレー煮 | トップページ | 牛肉の和風炒め物タイスタイル »

2011年3月 8日 (火)

春雨と鶏肉カレー

P1170860pct13


この料理をゲンウンセンサイガイと呼んでいた。
カレーと言っても黄色いインドカレーではなくてタイのカレーだから
味は全く異なっている。
「何にする?」朝食はどうするかと聞かれた。
「分かんないなー。何にする?」
「うーん・・・・。そうねー・・・・・?」
二人で「うん」「うん」言い合っていてもしょうがない。こういう時は
冷蔵庫を開ける。冷蔵庫に鶏肉があるので取り出した。
「これを食おう」俺の役割は其処までだ。後はヌチャナートが考え
る。任せた以上は出てきたものがどんな物でも食わなくてはいけ
ない。
「お野菜いれるでしょ?」
どんな料理を作るのか知らないのに、俺は無責任に答える。
「うん」
ちょこちょこと作って料理を出してきた。見ると春雨が入ってい
る。タイ料理はスプーンとフォークで食べるが、この料理は箸を使
った方が食いやすい。箸とスプーンという奇妙な組合せで料理を
食う。これは辛い料理だ。額から汗が出てくる。
俺の額から汗がでる時はタイ料理を食べつけない日本人には辛
すぎて食べられないかもしれない。

英米だったなら朝食はベーコン、エッグ、日本の朝食なら焼魚に
生卵なんて決まった形がある。俺が観察した範囲では、タイには
そのような決まった朝食の形がない。
朝からこんな辛い料理が出てくる。
こんな料理を朝から出されるので、タイ人と結婚した多くの日本
人はタイ料理を食べなくなる。

2011/3/3

|

« 鯵のタイカレー煮 | トップページ | 牛肉の和風炒め物タイスタイル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/39148489

この記事へのトラックバック一覧です: 春雨と鶏肉カレー:

« 鯵のタイカレー煮 | トップページ | 牛肉の和風炒め物タイスタイル »