« 焦げた手羽焼 | トップページ | ヤムプラムックに蒲鉾 »

2011年3月 7日 (月)

烏賊の沖漬のタイ料理

P1170884pct13

烏賊の沖漬はこのまま食べても美味しい。
タイ人が沖漬を食べる時はこんな食べ方をする。
「えーっ?こんなにニンニクを入れるの?」
そうなんです。これだけニンニクと唐辛子を入れないと美味しいと
感じないのです。日本ではこんなにニンニクを使うと嫌がられます
が、タイではみんなが同じような物を食べていますからニンニクの
においなんて誰も気にしません。男も女もむしゃむしゃニンニクを
食べています。
生のニンニクは男の食べ物みたいに日本では思われているけど、
タイでは美人も平気で生のニンニクを食べています。

大きな烏賊のワタがちょっと見えます。ワタはヌチャナートの好物
なんです。
沖漬というのは一種の塩辛です。
今の日本では塩辛といえば烏賊かカツオしかありませんが、タイ
にはいろいろな塩辛があります。市場で見かけるタイの塩辛はた
いてい見た目が悪くて、鼻をつまみたくなるいやなにおいがします。
これが琵琶湖の鮒寿司のような日本の熟れ寿司の原型なんだと
知っているから、俺は塩辛を買って来て味見をする。
この塩辛から江戸前寿司に発展していったのだと思えばタイの塩
辛に興味をもてるかな?
「この塩辛はどんな味がするんだろう」と想像しながら塩辛を市場
で見ているとわくわくします。

日本の烏賊の塩辛にニンニクと唐辛子を混ぜて食べて御覧なさい。
ニンニクと唐辛子は適量と思えるだけ加えればいいのです。
この写真はタイ人が見て適量と考えた量です。
一風変わった酒の肴になりますよ。

2011/3/5

|

« 焦げた手羽焼 | トップページ | ヤムプラムックに蒲鉾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/39137543

この記事へのトラックバック一覧です: 烏賊の沖漬のタイ料理:

« 焦げた手羽焼 | トップページ | ヤムプラムックに蒲鉾 »