« 大震災とタイの知恵 | トップページ | 食べ物と健康広告3161 »

2011年3月16日 (水)

これをつけてね

P1170920pct13

食事の用意ができた。
「これをつけて食べてね」
器の蓋を取って見せる。真っ赤な唐辛子ソースが入っている。
「うん」
俺は何事もないかのように返事をした。そして赤いソースを見た。
この赤って全部唐辛子だよね。それを何でもない普通のことのよ
うに感じている自分がいるのに驚いた。
この唐辛子の量って、普通じゃない、半端じゃないよね。
「これをつけろ!」なんて言われたら、日本人は飛び上がって驚く。
見ただけで「辛そー!これは駄目!」と逃げてしまう。
唐辛子だから辛いソースだよ。旨味も強いからこれが食える。

料理の方は豚の脛肉を煮込んだものだ。
脛肉だからちょっと固い。この固い肉を赤い唐辛子ソースと一緒
に食べろと言うのだ。
噛んでいるうちに唐辛子の辛さと肉の美味さが出てくる。

いつもこんな料理、こんなソースで食事をしている。
それが普通の食べ方だから、もう辛くて口の中が火事になる感覚
もない。しかし、この唐辛子ソースをつけて食べると汗がでる。
汗を拭きながら食べている自分が滑稽だ。
この程度の唐辛子を食ってもタイ人は汗を流さない。

俺達には激辛でもタイ人にはごく普通の辛さなんだ。
普段はタイ料理なんて食べない日本人が「辛い料理が好き」だな
んてタイ人に言ってごらん。それをまともに受け止めたタイ人は、
タイ人から見て辛い料理を作ってくれる。
辛くて泣いちゃうかもしれないから、タイ人に「辛い料理が好き」
なんて言わないほうがいい。
「辛くしないで」というと日本でいう大辛になると思う。

2011/3/11

|

« 大震災とタイの知恵 | トップページ | 食べ物と健康広告3161 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/39251948

この記事へのトラックバック一覧です: これをつけてね:

« 大震災とタイの知恵 | トップページ | 食べ物と健康広告3161 »