« モンゴイカのタイ料理 | トップページ | 食べ物と健康広告4161 »

2011年4月16日 (土)

烏賊の沖漬サラダ

P1180074pct13

烏賊の沖漬はヌチャナートのお気に入りだ。
こんな料理はタイにもありそうなのだが、タイにはないらしい。
海岸近くの町なら、漁師が作っているかもしれない。
流通が悪かった時代は東北部のタイには新鮮な海の魚は届か
ないのでヌチャナートは知らないだけ
の話かな?
しかしこれは漬け物だからそんなに簡単には腐らないから流通し
ていてもおかしくない。やはり沖漬を
作る食習慣がタイにはない
のだろう。

俺たちは烏賊の沖漬を切ってそのまま食べる完成された食品と
見ている。タイ人は沖漬を塩辛、熟
れ寿司の一種、つまり素材と
見るのでこのままでは食べない。必ず手を加えて食べる。

手を加えると言っても熱を加えることはない。
写真のように香草を加えて混ぜ合わせるだけだが、こうすること
で味わいが深まると考えている。
味見すればわかるけど、こういう食べ方も美味しいもんだよ。

沖漬を作る日本の漁師さんから見ると、美味しい沖漬の味をわざ
わざ壊して食べていると見るだろう
な。

2011/4/13

|

« モンゴイカのタイ料理 | トップページ | 食べ物と健康広告4161 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/39631159

この記事へのトラックバック一覧です: 烏賊の沖漬サラダ:

« モンゴイカのタイ料理 | トップページ | 食べ物と健康広告4161 »