« コオロギの鳴き声 | トップページ | 寺に丸木舟と舵 »

2011年5月27日 (金)

時計修理屋

P1190107pct13

時計修理屋が路上のあちこちに店を出している。
店があるということは修理の依頼があるのだ。
修理代金は幾らなのか知らない。
クオーツ時計の主要部分が壊れた時計を持って行ったら代金は
200バーツだった。時計屋の態度から見て、かなり高い料金だっ
たと推定している。
新品の時計が100バーツで買える国だ。
時を知るためなら安い時計で用が足りる。
どうして時計の修理屋が繁盛しているのか理解できない。
思い出、記念の時計を何時までも使いたいと思う人々が多いのか?
腕時計はステータスなのかな?

2011/5/16

|

« コオロギの鳴き声 | トップページ | 寺に丸木舟と舵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/40151961

この記事へのトラックバック一覧です: 時計修理屋:

« コオロギの鳴き声 | トップページ | 寺に丸木舟と舵 »