« 宝くじ売り | トップページ | 赤とんぼと唐辛子 »

2011年5月23日 (月)

鼠料理

P1180272pct13

ネズミはタイ人にとっては食品であり商品なのだ。俺が見た範囲で
は食用になるネズミは家ネズミ、ド
ブネズミの大きさのものでハツカ
ネズミなど小型のネズミは食べないようだ。
そのネズミも畑などで捕まえたもので、家ネズミは食用にされない。
「家ネズミは食べないの?」
「美味しくないのよ」
どちらも同じに見えるのだが、家ネズミじゃ駄目なんだ。食べたこと
がなければ、家ネズミが美味しくな
いと分からないはずだ。
家ネズミが不味いというのは偏見に思える。
日本人が白豚、黒豚にこだわるよ
うなものかな?

今日見たネズミは皮を剥いた生の物だった。
俺達はネズミを食い物と思っていないから皮を剥かれたネズミは
気味が悪い存在だ。

「あら、ネズミがあるわ。買いましょうよ」
「いらないよ!」
俺がいらないと言うのにヌチャナートは二、三匹のネズミを買い求
めている。

家に帰ると、ネズミを尻尾からぶつ切りにしている。
これを煮込むのだ。
ネズミを食べ物だと考えているから、俺達が魚を扱うようにごく
自然にネズミを扱っている。

P1180301pct13
今日はネズミを食わされないようにしなくてはいけない。

2011/4/23

|

« 宝くじ売り | トップページ | 赤とんぼと唐辛子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/40097616

この記事へのトラックバック一覧です: 鼠料理:

« 宝くじ売り | トップページ | 赤とんぼと唐辛子 »