« あんかけそば ラッタナ | トップページ | 酒が飲める店 »

2011年5月25日 (水)

道端の唐辛子

P1180391pct13

俺達日本人にとって唐辛子は香辛料と呼ぶ特別な存在だ。
ここタイでは唐辛子は胡瓜や茄子のような野菜の一種と見なされ
るようだ。強い植物なのでどんな場所でもぐんぐん成長する。
まるで垣根のように唐辛子を植えている。
こんな道端にも唐辛子が生えている。
通りがかりの人が唐辛子をとっても、文句を言う人はいない。
幾ら実をとっても唐辛子は次々と実をつける。
何処にでも唐辛子はあるので、他人の家の唐辛子をとる必要も
ない。唐辛子の辛味、香りに好みがあり、
「この料理にはあそこに生えているあの唐辛子がうまい」
というのがあるみたいだ。
そうすると、あそこに行って唐辛子を採ってくる。

2011/4/26

|

« あんかけそば ラッタナ | トップページ | 酒が飲める店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/40124543

この記事へのトラックバック一覧です: 道端の唐辛子:

« あんかけそば ラッタナ | トップページ | 酒が飲める店 »