« タイから津波救援 | トップページ | 宝くじ売り »

2011年5月23日 (月)

コンニャク芋のカレー

P1180275pct13

田舎の汽車の小さな駅前に朝市がたつ。地元の人には重要な市
だから、これが賑わっていてなかなか面白い。
「ねぇー、サミイ!この芋よ。日本語でなんて言ったかしら?
コノヤ・・・?」
「コンニャクかい?」
「そうそうコンニャクよ」
コンニャクの産地ではコンニャク芋をそのまま食べているのかも
しれないが、多くの日本人はコンニャクとか白滝の形でしかコン
ニャク芋を食べない。
「これを食べるのよ」
「この芋をどうやって食べるんだい?」
「こちらにこの芋を使ったカレーがありますよ」売り子のおばさん
が声をかけてきた。
「えっ?これをカレーに使うのですか?」
「そうよ」おばさんはこちらの驚きをよそに、平然と答える。
「お幾らですか?味見するだけなんですけど」
「10バーツでいいわ」
味見するだけだからほんの少しだけでいいのに、まだ袋に詰め
ようとする。
「それだけで充分ですよ」

家に持ち帰りコンニャク芋のカレーを味見した。
驚いたことに鰹出汁の味がする。まるで和食を食べている感
じだ。魚を発酵させたものを味付けに使っているようだ。
コンニャク芋は里芋のように柔らかになっている。
予想していた味とは違ったが、これは旨いと感じた。
川か池で取れる魚を使ったのだと思うが、海の魚である鰹と
似た味がでているのが面白い。

2011/4/23

|

« タイから津波救援 | トップページ | 宝くじ売り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/40097434

この記事へのトラックバック一覧です: コンニャク芋のカレー:

« タイから津波救援 | トップページ | 宝くじ売り »