« 鯛の中骨 | トップページ | 鰹のたたきとタイ人 »

2011年6月26日 (日)

しめじと牛肉の牡蠣油炒め

ぶなしめじの料理が続いている。今日はしめじを牛肉と一緒に
牡蠣油で炒めた。似たような料理は中華料理にもあるので、
これがタイ料理かと言われるとうーんとうなってしまう。
こんな調理法はおそらく中国からタイに伝わりタイで定着したの
で、現在のタイ人はこの料理はタイ料理だと思っていることだろう。
しめじなんて茸はタイでみかけない。茸なんて大体おなじような
ものだから、タイでやっている調理方法をしめじに応用したのだ。
黒っぽい料理で見た目はあまりよくないが、食って見るといい味
がでている。

P1190376pct13

一般にタイの料理は塩分が少ないのに、この料理は和食のよう
に塩っぱい。俺にはこの程度の塩っぱさがちょうどよいのだが、
塩分は控えめにしないといけない。
塩分の取りすぎを押さえるため「ちょっとだけ」「もうちょっとだけ」
と思いつつ食ってしまった。

2011/6/22

|

« 鯛の中骨 | トップページ | 鰹のたたきとタイ人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/40556236

この記事へのトラックバック一覧です: しめじと牛肉の牡蠣油炒め:

« 鯛の中骨 | トップページ | 鰹のたたきとタイ人 »