« 就職斡旋業 | トップページ | バナナの蕾と蓮のスープ »

2011年6月 1日 (水)

魚は辛いか

これはタイで行われているごくごく普通の魚の食べ方だ。
魚を揚げて皿に盛る。焙煎して粉にした唐辛子を魚醤に溶かす。
唐辛子と魚醤が混じったものを魚にかけてから、小さな紫色の玉
葱を乗せる。これを餅米と一緒に食べる。田舎の人が大好きな食
べ方だ。

P1180611pct13

魚にかかっている唐辛子の量を見てください。
半端な量じゃないと日本人は思うよね。このくらいがタイでは普通
なんです。
「唐辛子のかけ過ぎだよ!」
「こんなにかけたら辛くて食えないじゃないか!」
なんて文句を言う人は一人もありません。
美味しそうにみんな食べています。実際、美味しいんです。
魚料理をあまり好まない俺が美味いと言うくらいだ。
「アンタの舌はタイ人と同じになっているからよ!」
そうかもしれない。でもまだまだだ。
タイ人が辛いと言う料理は俺には辛くて食えない。
「一回の料理にそんなに唐辛子を使うなんて信じられない!」
「この写真の料理は特別じゃないの?もしかしてやらせ?」
なんて疑う人がいるでしょう。
こちらは別の機会に撮った同じような料理の写真です。

P1180667pct13

魚に焙煎した唐辛子がたっぷりかかっているでしょ。
そして同じ皿に赤や黄色のプリッキヌーと言う生唐辛子が添えら
れているでしょ。この唐辛子はタイ人も辛いという種類の唐辛子
です。

いくら辛い料理が好きだと言う人でも、これだけ唐辛子を使った
料理には尻込みするのではないかな?
挑戦してみる?自己責任だよ!
胃が痛くなり、唐辛子で腸が吃驚して下痢をしても知らないよ!

2011/5/5

|

« 就職斡旋業 | トップページ | バナナの蕾と蓮のスープ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/40219305

この記事へのトラックバック一覧です: 魚は辛いか:

« 就職斡旋業 | トップページ | バナナの蕾と蓮のスープ »