« クラゲをタイ風に | トップページ | 支那竹とメンマ »

2011年6月 8日 (水)

焼うどんタイ風

これは焼うどんだ。うどんなんてタイ人は食べない。
ヌチャナートは日本でうどんを見て、それで焼うどんにしたら美味
かったので、それ以来時々焼うどんを
作る。
作り方は通常通りだ。醤油でなくてナンプラで味付けするところが
違う。焼きあがったものにレモンを絞ってかけ、辛味として唐辛子
を使うのがタイ風だ。

P1190293pct13

この料理には焙煎した唐辛子が合うとヌチャナートは言う。
日本人にとっては生の唐辛子だって、焙煎した唐辛子だって辛い
ことは同じだ。しかしタイ人には大きな違いがあるらしい。
生と焙煎物では香りが違う。
多分タイ人は辛味よりも香りの違いを重視しているのだ。
辛さで舌が痺れた日本人には香りの差を見る余裕がない。

2011/6/2

|

« クラゲをタイ風に | トップページ | 支那竹とメンマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/40309154

この記事へのトラックバック一覧です: 焼うどんタイ風:

« クラゲをタイ風に | トップページ | 支那竹とメンマ »