« 明治時代の台所 | トップページ | チューブ入りニンニク »

2011年6月18日 (土)

高菜とシーチキンのトムチュート

今日は肉も魚もないが、ヌチャナートは慌てない。
「魚の缶詰があるわ」
缶詰をごそごそやっている。缶詰のラベルはみんな日本語だ。
ラベルに描かれた絵で缶詰の中身を確認している。
日本語が読めない外国人が増えている。
絵があれば中身を推定できる。
魚の種類がマグロだか鯖だか鰯だか分からなくとも、それが野菜
の缶詰とは思わない。

そうそう子供の頃の思い出だ。
デルモンテの缶詰を戴いた。当時デルモンテの缶詰は緑のラベル
に外国語で品名が書いてあっただけだ。パイ缶と言ってもわから
ないだろうな。パイナップルの缶詰を約してパイ缶と言っていた。
パイ缶は子供の好物だ。缶詰を開けたらパイナップルではなくて
たしかピーチだった。俺はがっかりした。
売った人も買った人も貰った人も皆それがパイ缶だと思っていた
のだろう。外国語が読めなかった当時の思い出だ。

P1190350pct13

話を元に戻そう。
ヌチャナートはシーチキンの缶詰を選んだ。
このシーチキンをこともあろうに高菜の漬物と煮込んだ。
漬物というのはそのまま生で食べるのが日本人の常識だ。
これがタイ人の常識では違う。
漬物は保存食、料理の素材とタイ人は考えるのだ。
高菜の漬物も素材だから煮込んで食ってもおかしくないと考える。
実によい味に仕上がっている。
自分が作った味に満足している時はヌチャナートは俺に味見をさ
せる。
「美味しいわよ。味見してごらんなさい」
「・・・・・」うん良い味に仕上がっている。
「ねっ、美味しいでしょ」
「うん」
思いがけない素材の組み合わせで、良い料理ができあがった。
ヌチャナートはこれをトムチュートと呼んでいる。

2011/6/16

|

« 明治時代の台所 | トップページ | チューブ入りニンニク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/40441479

この記事へのトラックバック一覧です: 高菜とシーチキンのトムチュート:

« 明治時代の台所 | トップページ | チューブ入りニンニク »