« 大戸屋カツ重 | トップページ | 卵焼きもタイ風です »

2011年6月12日 (日)

空芯菜は朝顔

その昔タイで、英語のメニュウでmorning gloryと書かれたものを注
文し美味いと思ったことを何度かこの
ブロッグに書いた。
日本ではmorning gloryと言うのは夏の朝に咲く朝顔のことだ。
あんまり美味いと思ったので、morning gloryの現物を見たかった。
朝顔と言うのは蔓が伸びて育つ物
だ。
「これがそうだ」と教えられた野菜は地面に広がる青い草だった。
花が咲いているのをみたことがある。花はまさしく朝顔だった。
この野菜は朝顔の仲間なんだとその時、理解した。
空芯菜はタイ料理にはよく使われる。みずみずしい空芯菜が市場
には並んでいる。

ヌチャナートが香菜を買うと言い出した。種苗屋に行ったが目指す
香菜の苗がなかった。それで種を買うことにした。
買った種の中に空芯菜があった。
「おいおい、そんな物を買ってウチで作れるのかよ?」
俺の心配を察したヌチャナートは「大丈夫よ」と言う。
育つそばから切り取って食べてしまうので、小さな場所でも栽培で
きると思っている。そのような栽培法を今までも見てきたので、多
分ウチでも空芯菜を栽培できるだろうと思う。
その種を何時どの鉢に植えたのか俺は知らない。

鉢から小さな芽がでていた。
「空芯菜の芽がでているわ」
新しい芽が鉢の土から現れている。水をやりながら空芯菜の芽を
観察していた。やがて葉が出来てきた。
その葉はまさしく朝顔の葉だ。

P1190317pct13

「ああ、やっぱり空芯菜は朝顔なんだ」と葉を見て思った。

2011/6/10

|

« 大戸屋カツ重 | トップページ | 卵焼きもタイ風です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/40363398

この記事へのトラックバック一覧です: 空芯菜は朝顔:

« 大戸屋カツ重 | トップページ | 卵焼きもタイ風です »