« 食べ物と健康広告6161 | トップページ | 明治時代の台所 »

2011年6月16日 (木)

焼鳥飯

この写真を見るとカオマンガイだと思っちゃうかもしれないな。
実はこの鶏は昨日の焼鳥を温め直したものなんだ。
当然、肉は固くなっている。

P1190339pct13

食べ物は無駄にしてはいけないので、固くなった焼鳥をそのまま
食べようとした。
「肉をむしって、ご飯に乗せるのよ」
「・・・・・」
「それからナンプラをかけてね」
「掻きまわして食べるのかい?」
「そうよ」
こうして食って見ると、カオマンガイとは違う味わいがある。
焼鳥丼とも違う。うーん、これはタイ料理かな?
ナンプラを使っているからタイ料理に入れてもいいかな?
じゃぁー、醤油なら和食かな?
醤油をかけても美味しいはずだ。
「ナムプリックを入れると美味しくなるわよ」
なるほど、ナムプリックの唐辛子味で刺激しようと言うのだ。
ナムプリックを入れると、もうこれは正真正銘のタイ料理になる。

2011/6/15

|

« 食べ物と健康広告6161 | トップページ | 明治時代の台所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/40417499

この記事へのトラックバック一覧です: 焼鳥飯:

« 食べ物と健康広告6161 | トップページ | 明治時代の台所 »