« ヤムプラムック | トップページ | 空芯菜は朝顔 »

2011年6月11日 (土)

大戸屋カツ重

腹が減ったからなにかを食おうと言う事になった。
ヌチャナートは洋食の味付けはおきにめさない。
大戸屋で典型的な日本の庶民料理を食べることにした。
タイで笑っちゃうカツ丼を食ってきたので、今日はカツ丼を食って
みようと思った。カツ丼はなかったがカツ重ならあった。
そうだよ、カツ丼・カツ重の卵はこのようにふんわりしていなくちゃ
いけない。カツだって1センチほどの厚さがある。
タイでは薄っぺらなカツだった。あれじゃカツを食った気がしない。

P1190299pct13

タイで食ったカツ丼は甘いタレがかかっていた。
あの味がタイ人の好みなんだ。
このように塩っぱくなくちゃいけないのだ、日本人には。
目黒の秋刀魚の殿様の言葉みたいだけど、カツ丼はやっぱり
日本で食うべきだ。

2011/6/7

|

« ヤムプラムック | トップページ | 空芯菜は朝顔 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/40350246

この記事へのトラックバック一覧です: 大戸屋カツ重:

« ヤムプラムック | トップページ | 空芯菜は朝顔 »