« 玉葱が育つ | トップページ | タイ風焼うどん »

2011年7月24日 (日)

天ぷらの干物の結末

天ぷらを天日に干して干物にした。天ぷらの干物なんて俺は知ら
ない。ヌチャナートのアイデアだ。
俺にはどんなことになるのか想像がつかない。
油が酸化していやな味ができる?
誰も知らない新しい味ができるのか?

天日で乾燥させた天ぷらの干物をまた油で揚げた。
ヌチャナートは自分のアイデアに自信があるのだろう。
天ぷらを取り上げて一口食った。そして一言ぼそっと言った。
「これは駄目だわ」
「・・・・?」
「中が腐っているのよ」

P1190535pct13

この天ぷらは野菜を鰯で巻いて揚げたものだ。
天ぷらの乾燥品を作るには、芯にある野菜の水分も取り除かな
くてはいけない。芯にある野菜の水分は揚げられて固くなった鰯
の皮を通り抜けなくてはいけない。
天日乾燥ではそれは無理だった。
野菜の水分が無くなる前に天ぷらは腐ってしまった。
今回の実験は大失敗だ。

しかし天ぷらを干物にするという発想は面白い。
即席麺では凍結乾燥させた天ぷらが入っているから、天ぷらの
干物は全く新しいアイデアでもない。
天ぷらの種類、揚げ方によっては天ぷらの干物が可能だと思う。
そんな天ぷらの干物を何に使うのか?ですって???
うーん、それは干物が成功したら考えよう。
天ぷらそば、天丼と使い道はあるだろう・・・・・。

2011/7/19

|

« 玉葱が育つ | トップページ | タイ風焼うどん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/40933590

この記事へのトラックバック一覧です: 天ぷらの干物の結末:

« 玉葱が育つ | トップページ | タイ風焼うどん »