« 和風やきそば | トップページ | 砂肝のパッカパオ »

2011年7月13日 (水)

蜆と茸のタイスープ

稚内産という大きな蜆があった。タイには蜆がいないと言う。
タイ東北の高原地帯には蜆はいないのかもしれない。
蜆以外の淡水の貝は豊富にある。
取ろうと思えばあちこちの池や川で貝を取ることができる。
蜆を知らないといいながら、蜆の美味しい食べ方はヌチャナート
の頭にある。蜆をどう料理するか聞いてきた。
俺は香草と一緒に炒めた蜆を食いたかった。
すると「それは台所が汚れるから嫌だ」とかなんとか言う。
「スープにしてあげるわ。ね、いいでしょ?」
最初からスープに決めていたようだ。
そんなら蜆をどう料理するかなんて聞くなよ。
「味噌汁にする?」
これを読んでいる人は「蜆の味噌汁は美味いんだよな」と思う
だろう。日本語で味噌汁と言われれば俺も、蜆の味噌汁の味
を想像する。タイ語で「ナムスップミソー」と言われると蜆の味
噌汁とは違う味を想像してしまう。

P1190475pct13


「タイのスープがいいな」
蜆と茸のスープを作り、ベランダの香草を加えた。
こうなると完全にタイの香りになる。

2011/7/9

|

« 和風やきそば | トップページ | 砂肝のパッカパオ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/40791132

この記事へのトラックバック一覧です: 蜆と茸のタイスープ:

« 和風やきそば | トップページ | 砂肝のパッカパオ »