« タイコーヒー | トップページ | パッカパオと日本蕎麦 »

2011年7月 9日 (土)

オイルサーディンのタイ風サラダ

今日は缶詰を食うことにした。
地震等の緊急時の非常食として保管している缶詰を時々食って
新しい物と交換する必要がある。
「どの缶詰にする?鯖でいい?」
「オイルサーディンがあったよね。それにしようよ」
ヌチャナートがタイにはない缶詰と言って買ってきたものだ。
タイの市場にはないが、デパートやスーパーでオイルサーディン
を売っているのを見たが、ヌチャナートの目に入らなかったのだ
ろう。
輸入食品だから、この種の食い物の値段は日本で買うのと同じ
値断と思って間違いない。庶民には高級品となる食材だ。

P1190460pct13

胡瓜の千切りを敷き詰めた上にオイルサーディンを並べる。
生唐辛子の輪切りを散らす。
そして唐辛子ソースをかけただけだ。
オリーブオイルが唐辛子の辛味を和らげる。
鰯の柔らかな身が口の中でとろける。
この食べ方もいいもんだよ。

辛そうで駄目ですか?
日本人にはこの料理は無理かな・・・・・・?

2011/7/7

|

« タイコーヒー | トップページ | パッカパオと日本蕎麦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/40737015

この記事へのトラックバック一覧です: オイルサーディンのタイ風サラダ:

« タイコーヒー | トップページ | パッカパオと日本蕎麦 »