« 砂肝のパッカパオ | トップページ | スペアリブのネム »

2011年7月14日 (木)

果物を持って来て

何とかと言う料理を作るから果物を持って来てと言われた。
今、ウチには果物なんてない。
日本語の果物というのはリンゴ、柿、イチゴなど甘いものをさす。
タイ語の場合、果物と言う言葉には二つの意味がある。
その一つはバナナ、パイナップル、マンゴスチンのような甘い
果物をさす。
もう一つは苦瓜のような実をさす場合がある。
タイ語の果物という言葉は日本語の「果実」に相当する。
ウチには甘い果物がないから、果物って何かな?
そう言えば冬瓜があった。冬瓜も果物の一種と考えるのだ。
冬瓜を持って行くと「ありがとう」と言われた。
やっぱり果物とは冬瓜のことだったのだ。

P1190483pct13

冬瓜を鶏肉と玉葱を加えて煮込んだ。
まだ充分に味がしみていない冬瓜だが身は柔らかになっている。
もう少し煮込んで味をしみさせるともっと美味しくなる。

2011/7/11

|

« 砂肝のパッカパオ | トップページ | スペアリブのネム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/40804759

この記事へのトラックバック一覧です: 果物を持って来て:

« 砂肝のパッカパオ | トップページ | スペアリブのネム »