« 祭りの弁当 | トップページ | タイ料理は辛いか »

2011年7月27日 (水)

生ハムのタイ風食べ方

儀式とか、地域の伝統・習慣、王室などの例を除いて、庶民の
生活では食い物の正しい食べ方、こうして食べなくてはいけない
という規則はない。
自分が美味いと思う方法で食べればいい。
今日は生ハムがある。
その生ハムを欧風にメロンと一緒に食べてもいい。
胡瓜の一夜漬けに生ハムを巻きつけて和風?に食べてもいい。
好きな方法で食べればいいのだ。

生ハムの発祥地はタイではない。
タイで生ハムを見たような気もするし、見てない気もする。
例えタイのスーパーにあったとしてもタイの庶民の手の届かない
値段で、とうてい庶民の口に入るような代物ではない。

P1190566pct13

生ハムはヌチャナートの好物だ。ヌチャナートは自分が食いたい
ように盛りつけした。白い皿に赤い生ハムを広げた。
そして生のニンニクと赤唐辛子を置く。
緑のミントの葉をのせる。彩のよい盛り付けになっている。
ニンニク、唐辛子、ミントを生ハムで巻いて食べる。
日本人の発想にない食べ方だが、なかなか美味い。
生ニンニクと生唐辛子が入っているから辛い。
これがタイ人が考える生ハムの美味しい食べ方だ。

2011/7/25

|

« 祭りの弁当 | トップページ | タイ料理は辛いか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/40974238

この記事へのトラックバック一覧です: 生ハムのタイ風食べ方:

« 祭りの弁当 | トップページ | タイ料理は辛いか »