« タイ人と鰯の塩焼を | トップページ | バラ肉のネム »

2011年7月11日 (月)

グルメ本の真似

グルメ本では料理の隣にワインがある写真が多い。
タイ料理の写真なんだが、グルメ本の真似をしてワインを置いて
みた。タイ料理をワインと一緒に撮るなんてことをしてもいいのか?
ウチの料理がグルメ本に載っているように見えれば大成功だ。

P1190470pct13

多くのタイ料理屋が開店しては閉鎖するのを見てくると、日本で
はタイ料理はまだまだマイナーな存在
だと思う。
東南アジアの人を多く雇っているある中小企業の社長夫人が
「ベトナム料理はいいけど、タイ料理は駄
目だわ」と言っている
のを思い出す。
強烈な辛味、パクチーの香りでタイ料理がイヤになるのだろう。
料理は千枚をレモングラス、こぶみかんの葉などと一緒に煮た
タイ料理だ。千枚と言うのはモツだ。
モツ料理にワインの組み合わせなんておかしい?
三十年前の日本では和食とワインの組み合わせなんて考えら
れなかったが、今じゃミシュランの星付き
料亭ではワインが置い
てある。(俺はそんな店に行ったことがないが、そういう話だ)
物の考え方なんて時代と共に変化する。赤提灯でもつ焼きを食
いながら赤ワインを飲むのが流行する
かもしれない。
他人に迷惑がかかることでないから、モツ料理にワインの写真
を撮ってもいいよね。モツとワインの組み合わせがファッション
になれば、これは最先端の料理写真になる。

話が横にそれたが、この料理の食べ方は千枚を隣にあるナム
プリックにつけて食べるだけだ。ナムプリックが辛いのだが、
やみつきになる旨さがある。
千枚の皺の間にナムプリックが入り込む。肉はコリコリとしてお
りその食感が楽しい。
肉の味を楽しむという
よりも食感を楽しむ感じだ。

2011/7/8

|

« タイ人と鰯の塩焼を | トップページ | バラ肉のネム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/40763820

この記事へのトラックバック一覧です: グルメ本の真似:

» パクチーエナジーゴールド [パクチーエナジーゴールド]
「パクチーエナジーゴールド」は、身体の酸化を弱めデトックスに効果のあるハーブとして有名なハーブ・パクチーを主成分とした消臭サプリメントとして人気です。 [続きを読む]

受信: 2011年8月 8日 (月) 23時53分

« タイ人と鰯の塩焼を | トップページ | バラ肉のネム »