« パッカパオガイ弁当 | トップページ | 南瓜のゲンカリー »

2011年8月22日 (月)

鯵の塩焼のタイ的食べ方

P1190924pct13

魚の塩焼きは和食でもタイ食でも見かけは同じだ。
和食の場合、醤油をたらして食べるが、タイ食の場合はナムプ
リックという唐辛子ソースをつけて食べる。
ナムプリックもピンキリで自分の好みの味を作ればいい。
初めて鯵の塩焼きにナムプリックをつけて食べたなら日本人は
どう思うかな?
俺にもそんな経験があるのだが、どう思ったのか覚えていない。
多分、辛さに閉口しながらヌチャナートを喜ばせようとして
「美味い」と言っていたことだろう。
美味いことに間違いはないが、辛いのも間違いがない。
揚物の鯵と違い、焼き物の鯵はさっぱりしているので、美味さ
よりも辛さに悲鳴をあげると思う。
鯵の塩焼きにナムプリックはだめだ!となる人も多いと思う。
何時の間にやら俺はなんの疑問ももたずにナムプリックをつけ
ている。
焼魚はこうやって食べる物という習慣がついちゃった。

2011/8/17

|

« パッカパオガイ弁当 | トップページ | 南瓜のゲンカリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/41313302

この記事へのトラックバック一覧です: 鯵の塩焼のタイ的食べ方:

« パッカパオガイ弁当 | トップページ | 南瓜のゲンカリー »