« 蒸し鶏 | トップページ | カイケムの卵焼 »

2011年8月11日 (木)

高菜のタイ料理

これは高菜の漬物を使ったタイ料理だ。
漬物に対する考え方を日本とタイで比較する。
共通していえる事は日本でもタイでも漬物は保存食という考えだ。
安い時、大量に手に入った時には漬物にして保存しておく。
漬物と言うのは日本では完成された食品と考える。
完成された食品だからなにも手を加えずにそのまま食べる。
味をより複雑にするために、せいぜい醤油を少々かける程度だ。
それに対してタイ人は漬物は料理の素材と考えるので、漬物を
そのまま食べることはない。
かならず何がしかの手を加えて食べる。

P1190840pct13

高菜の漬物を水洗いして塩出しをする。
ナンプラ、唐辛子、肉を加えて煮込む。
こうすると完全にタイの味になってしまう。
漬物を煮るなんて日本人の発想にない。
ナンプラの代わりに醤油を使えば和風の創作料理ができる。

2011/8/10

|

« 蒸し鶏 | トップページ | カイケムの卵焼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/41164844

この記事へのトラックバック一覧です: 高菜のタイ料理:

« 蒸し鶏 | トップページ | カイケムの卵焼 »