« タイ料理:空芯菜の炒め物 | トップページ | トムカーガイにする »

2011年8月30日 (火)

黒鯛じゃないわよ

「綺麗に出来たわよ!日本人は黒い鯛だと思うでしょ。鯛じゃな
いわよ!」
出された料理を見るとティラピアの塩漬を焼いたものだった。
日本では姿が鯛に似ているのでイズミタイと言っている。この刺
身も美味い。パーニンとタイ語では呼ぶ魚で、タイの淡水には何
処にでもおり、貧しいタイの農家の重要な蛋白源になって
いる。

ティラピアを買ってくると直ぐに塩漬にする。
ウチの場合、料理を作るのには手間をかけないが、素材を買っ
てくるとすぐに保存食を作るので忙しい。
このティラピアも直ぐに鱗を落として、切込みをつけて塩漬した。
これを冷蔵庫に入れておけば、保存が利き、塩味が浸み込ん
で美味くなる。
「今日は魚でも食うか」なんて思うと塩漬の魚を取り出して焼く。

P1190974pct13

食べない尾鰭をタイ人は切り落としてしまうので、この焼魚を日
本人が見るとなんとなく間が抜けて見える。
合理的なのだが、俺達の習慣から見ると違和感がある。
黒鯛まがいの魚なんだが、やっぱり尾頭がないと魚らしくないよ
ね。日本人は料理を目で食うといい、見た目の美しさ完璧さを
要求する。尾鰭がなくとも味に違いがでないが姿が完璧でないの
で味が劣るような気がする。
蟹なんか茹でている時に足が落ちる。
落ちた足を元の場所において出せばいいのだが、それは完璧
な料理と考えない。
タイ人はそんなことを気にしない。
国民性の違いをティラピアの塩焼で見た。

2011/8/27

|

« タイ料理:空芯菜の炒め物 | トップページ | トムカーガイにする »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/41414438

この記事へのトラックバック一覧です: 黒鯛じゃないわよ:

« タイ料理:空芯菜の炒め物 | トップページ | トムカーガイにする »