« 豆のソムタム | トップページ | 黒鯛じゃないわよ »

2011年8月29日 (月)

タイ料理:空芯菜の炒め物

最近は空芯菜が日本でも生産されているのでウチは大助かりだ。
数年前までは空芯菜が欲しければ、タイの食材店へ行き、空輸
されたものを買った。今じゃ手軽に食べられる。

空芯菜は英語ではmorning gloryと言う。俺はmorning gloryは夏
の朝に咲く朝顔と認識していた。
朝顔は鑑賞する花で食べる物ではない。
バンコックの料理店の英語メニュウにmorning gloryとあったので
驚いた。さっそくそれを注文した。美味いと思った。
今でも空芯菜つまりmorning gloryの炒め物は美味いと思う。

東京・入谷の朝顔市に行った。そこでなんだか食べられそうな名
前の朝顔があった。紺の法被を着た男達の溜り場に行った。
「あの朝顔は食べられるのですか?」
「えっ!?アハハハ・・・、面白い質問ですね!」
「タイでは朝顔を食べるんですよ」
「アハハハハ・・・・」
男達は可笑しそうに腹を抱えて笑った。
その当時は、朝顔作りの農家でも空芯菜が朝顔の仲間であり
食用可能とは認識していなかったのだ。
いくら空芯菜が朝顔の仲間と知っても、朝顔農家は空芯菜を栽
培出荷しないだろうな。

P1190977pct13_2

ウチで作る朝顔、つまり空芯菜の炒め物はタイ料理なので唐辛
子が入っている。
緑の空芯菜の中にある赤い唐辛子は鮮やかだ。
タイの料理屋で食べるのと同じ味になっている。飽きがこない。
「美味しい?」ヌチャナートが聞く。
夢中で食べている時は返事をするのも面倒になる。
黙って頷き、「うん」と言って食い続けた。

2011/8/27

|

« 豆のソムタム | トップページ | 黒鯛じゃないわよ »

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

投稿: 履歴書の封筒 | 2014年6月30日 (月) 12時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/41399943

この記事へのトラックバック一覧です: タイ料理:空芯菜の炒め物:

« 豆のソムタム | トップページ | 黒鯛じゃないわよ »