« タイの茄子 | トップページ | 鰯の丸干しを焼く »

2011年8月19日 (金)

赤い目の鰯

P1190870pct13

鰯に塩を振って一晩寝かせてから天日で丸干しにする。
これを焼いて食うのだ。
魚をあまり好まない俺だが、これは別だ。
俺はもっと作りたかったがヌチャナートが嫌がるのでこれしか作
らなかった。魚を干すと液が垂れる。それを掃除するのが大変
だと言うのが丸干しを作りたがらない理由だ。
丸干しが出来上がり、俺が焼くと、ヌチャナートは俺よりも食べ
る。作るのは文句を言うが、食うのには文句がでない。
女は身勝手だと思いながら鰯を干している。

そうそう、そう言えば冷蔵設備がない時代の鰯の目は赤かった
な。そして魚屋はくさかった。
たまに白い目の鰯を見ると、「おっ、これは新しい!新鮮だ!」
と驚いた。漁場から売り場まで冷蔵設備が備わっている今日で
は目の赤い鰯を見ることがなくなった。

2011/8/14

|

« タイの茄子 | トップページ | 鰯の丸干しを焼く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/41272516

この記事へのトラックバック一覧です: 赤い目の鰯:

« タイの茄子 | トップページ | 鰯の丸干しを焼く »