« 芋茎でタイ料理 | トップページ | 冷蔵庫の冷や飯 »

2011年9月22日 (木)

醗酵食品を手作り

俺はこのブログの中で何回も醗酵食品の重要性を訴えてきた。
昔の日本は各家庭で醗酵食品を作っていた。
家庭ごとに違った味の糠漬けがあったが、今は漬物はスーパー
で買うものと思っている家庭が多い。
これがタイ人の家庭の場合、家で醗酵食品を作っている。
もちろんタイの市場に行くと、醗酵食品が数多く並んでおり、その
数の多さに圧倒される。
例えば烏賊の塩辛をみると分かるが、醗酵食品の多くは見た目
が汚らしくにおいがきつい。その多くは日本人の目から見ると汚
らしいタイの市場に足を運んだ日本人は見た目が悪く、においが
きつい醗
酵食品から目を背けてしまう。
今こそ日本人が各家庭で醗酵食品を作らなくてはいけない時だ。
醗酵食品を数多くとることでアトピーなんてものがなくなると思っ
ている。

ピンポン玉のようなタイの茄子が手に入った。これで味噌漬けを
作ろうということになった。和タイ折衷の料理の創造だ。
俺のアイデアというより日本の伝統的方法で味噌漬けを作った。
「サミイの味噌漬けはおいしくないわ。こうした方が美味しく出来
るわ!」
そんなことを言いながら味噌漬け作りを楽しんでいた。
手作りの醗酵食品は美味しい、まずいと批評しながら食うので自
然に会話も生まれる。

いつも何を食うと身体によいという広告を探している。
そうしたら、醗酵食品に関する広告が目に入ったので紹介する。

農に根ざした食のライフスタイル誌
「うかたま」 2011秋 24号
 ●定価780円  ●年間3120円

おうちで発酵食堂
●発酵達人の定食献立
中川たま、青山有紀、なかじ、枝元なほみ
●家で醸す漬物・保存食・調味料
白菜漬け、鮭のいずし、塩辛、チーズ、味噌他
発酵ドリンクBARどぶろく、シードル他
按田優子の多国籍発酵ランチ他  
         
塩麹(こうじ)と甘酒のおいしいレシピ
残暑に負けず、麹で元気に!
タカコ・ナカムラ著 ●1470円
麹は素材のうま味を引き出す発酵調味料。

和・洋・中・エスニック…焼き物、煮物、たれ、お菓子まで味が決
まる。
 
生きた善玉菌の力

農家が教える発酵食の知恵
     農文協編 ●1200円
 漬け物、なれずし、とぶろく、ワイン、酢、甘酒、ヨーグルト、
 -素材を知り、持ち味を生かす農家ならではの技、満載。

誰でもできる手作りワイン
永田十蔵著 ●1200円
仕込み2時間、2ヵ月で飲み頃。作って初めてわかる本物の味
わい。何も足さない、何も引かない真正ワインの醸し方。

えひめAIの作り方 使い方
農文協編 ●1800円    DVD(50分)付
納豆・ヨーグルト・イーストで作るパワー菌液。病害虫 防除、
生育促進、食味向上に。
消臭、油汚れ、洗濯にも。

2011/9/22

|

« 芋茎でタイ料理 | トップページ | 冷蔵庫の冷や飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/41906227

この記事へのトラックバック一覧です: 醗酵食品を手作り:

« 芋茎でタイ料理 | トップページ | 冷蔵庫の冷や飯 »