« タイ風干し肉 | トップページ | 醗酵食品を手作り »

2011年9月21日 (水)

芋茎でタイ料理

P1200045pct13

生の芋茎があった。これを使ったタイのシチュウだ。
サトイモは一流の食材だが、その芋の茎なんて副産物みたい
なものだから二流の食材と思っている人もいる。
料理を作ってみればわかるが、これも立派な食材だ。
煮ると柔らかになって味が染みている。
今日は鶏肉、エリンギと糸瓜も一緒に煮込んだシチュウだ。
「えっ!ヘチマ?糸瓜なんて食べるの?」と驚くかもしれない。
ハイ、風呂で使うヘチマも食べます。
ヘチマは瓜の仲間ですから食べられます。
芋茎も糸瓜も繊維の多い食材だから、お腹によさそうな気が
する。

P1200046pct13

ウチの場合、芋茎をタイ風の味付にしているが、和風に味付
けしても美味しいよ。
日本は多くの食材を輸入している。日本で取れても芋茎のよ
うに捨てられちゃう食材をもっと活用すれば外貨を使わなく
てもいい。

2011/9/16

|

« タイ風干し肉 | トップページ | 醗酵食品を手作り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/41884425

この記事へのトラックバック一覧です: 芋茎でタイ料理:

« タイ風干し肉 | トップページ | 醗酵食品を手作り »