« タイ風味の焼肉弁当 | トップページ | 生ハムのタイ的食べ方 »

2011年9月11日 (日)

ニシンの糠漬

スーパーにニシンの糠漬があった。
「あら、この魚、美味しそうね。」
これがニシンと知っているのだろうか?
ニシンなんて寒流の魚はタイにはいないから、タイ語の名前が
ない。辞書を見るとニシンの英語名ヘリングにタイ語の魚を表
すプラをくっつけて、プラヘリングとなっている。

P1200006pct13

ヌチャナートは魚の姿を見てこれは魚の漬け物だと理解してい
る。発酵させて酸味を出させたプラソムの一種と理解している
のだが、魚の周囲についたものがなんだかわからない。
「ああ、これかい?これは糠だよ。タイにもあるだろう?」
「あるわ。でもこんな使い方はしないわ」
糠漬けのニシンを焼いた。
ベランダで取れた唐辛子を添えた。こうしないとタイ料理らしく
ない。
「この魚、美味しいわね。塩味もちょうどいいわ」
相当、この味が気に入ったらしい。
骨だけ残してきれいに食ってしまった。
魚好きな人は本当に食べ方が綺麗だ。

2011/9/3

|

« タイ風味の焼肉弁当 | トップページ | 生ハムのタイ的食べ方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/41623126

この記事へのトラックバック一覧です: ニシンの糠漬:

« タイ風味の焼肉弁当 | トップページ | 生ハムのタイ的食べ方 »