« 袋茸のスープ | トップページ | タイにある鰹節 »

2011年10月25日 (火)

くさい魚、プラケム

P1200190pct13

安い時に買った魚を塩漬にしておく。魚は醗酵して酷いにおいになる。
その魚を取り出して焼く。焼いている最中にも酷いにおいがする。
日本のくさやとは製法が違うが、似たような悪臭がある。
今日は鯵と秋刀魚を焼いた。
俺は鯵の方が美味いと思うが、ヌチャナートは秋刀魚の方が美味しい
と言っている。生のニンニクと唐辛子と一緒に食べる。
ご飯と一緒にこの魚を食べているのだが、なんとなく物足りない。
タイの田舎ではこのような塩漬の魚を餅米と一緒に食べている。
餅米は甘味があるので魚の塩味を柔らかにしてくれる。
「この魚を餅米と一緒に食べると美味しいよね」
「そうね」
餅米を指先で丸めて魚に押し付けると餅米に魚の旨味が浸み込んで
くる。魚の身を指で摘んで餅米に乗せて食べたりする。
そんなタイの生活を想い起こしながら箸を進めていた。

2011/10/23

|

« 袋茸のスープ | トップページ | タイにある鰹節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/42670163

この記事へのトラックバック一覧です: くさい魚、プラケム:

« 袋茸のスープ | トップページ | タイにある鰹節 »