« トムヤンクンラーメン | トップページ | くさい魚、プラケム »

2011年10月24日 (月)

袋茸のスープ

この茸はヌチャナートの好物だ。日本じゃ缶詰でしか手に入らないが、
缶詰でも美味しい。茸のしゃきしゃきした感触がいい。
つるむらさき、レモングラス、鶏肉を加えて煮る。
ナンプラで味を調えただけなんだ。
これで立派なタイ料理になっている。
それじゃこの味を日本人が作れるかと言うとそうは簡単にいかない。
伝統的なタイの味を長年食っているからできる味付けなんだ。

P1200180pct13

今ではヌチャナートは美味しい味噌汁を作れるが、来日当時の味噌汁
は酷い味だった。お湯に味噌を溶かすだけの味噌汁だが、伝統的味を
知らないから日本の味になっていない。
それとこのスープも同じだ。伝統と言う裏付けがあるから、ちょこちょこ
と作っても美味しいスープになるのだ。

2011/10/22

|

« トムヤンクンラーメン | トップページ | くさい魚、プラケム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/42656913

この記事へのトラックバック一覧です: 袋茸のスープ:

« トムヤンクンラーメン | トップページ | くさい魚、プラケム »