« 食べ物と健康広告Y161 | トップページ | カルチャーショック弁当 »

2011年11月17日 (木)

高菜のタイ風漬物

新鮮な高菜の漬物はヌチャナートの好物だ。
生き生きとした緑の高菜を見て、ヌチャナートは喜んだ。
「わぁーいいわね!」
さっそく、漬け込みを開始した。
高菜を洗い、容器に入る大きさに切る。
全体に塩をかけて、塩もみをしている。
こうすることで塩が全体に均一に混じり、塩の浸透を早める。
そして米のとぎ汁を加える。
後はそのまま放置しておく。これで酸味がでてきたら出来上がりだ。

俺達は漬物は生で食べる。手を加えると言っても醤油をかけるくらいだ。
タイ人は漬物を生食する食品とは考えず、保存食と考える。
保存食つまり料理の素材と考えるから、必ず煮るとか炒めて食べる。

P1200266pct13

「どうだい?もう食べられるかい?」
「まだ駄目よ。酸っぱくなってないわ。」
「ふーん・・・・」
「タイなら一日で酸っぱくなるのにね。日本では時間がかかるわ」
急ぐことはない。熟成するのをまとう。

2011/11/16

|

« 食べ物と健康広告Y161 | トップページ | カルチャーショック弁当 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/43039508

この記事へのトラックバック一覧です: 高菜のタイ風漬物:

« 食べ物と健康広告Y161 | トップページ | カルチャーショック弁当 »