« 拷問食 | トップページ | 竹の子カレータイ風、ゲンノーマイ »

2011年11月10日 (木)

マ・マーを石油ストーブで

その昔、温風ヒーターなんてなかった時代はストーブは薪ストーブか
石油ストーブだった。石油ストーブの上に鍋をおいてインスタントラー
メンを食ったり、酒に燗をつけたもんだ。
石油が燃える赤い炎を見ながらラーメンを食う、熱燗の酒を飲むの
も美味い。今年の冬は福島原発の影響で節電しなくてはいけない。
温風ヒーターは電力を食うので、灯油があれば使える昔の石油ス
トーブに買い換える家庭が増えている。

ウチも石油ストーブになった。
最近、タイ製のインスタントラーメンが近所のスーパーで買える。
腹が減った。買い置きのタイラーメンを石油ストーブに乗せて食
うことにした。インスタントのタイラーメンをタイ人はマ・マーと呼ん
でいる。常夏の国に住むタイ人は石油ストーブなんて知らない。
石油ストーブで作るタイラーメンなんてタイ人には想像できない。
なんだか優越感に浸りながらマ・マーを食っている自分を見て、
「この愚か者!」と感じている。

2011/11/3

|

« 拷問食 | トップページ | 竹の子カレータイ風、ゲンノーマイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/42955338

この記事へのトラックバック一覧です: マ・マーを石油ストーブで:

« 拷問食 | トップページ | 竹の子カレータイ風、ゲンノーマイ »