« 2011年2月27日 - 2011年3月5日 | トップページ | 2011年3月13日 - 2011年3月19日 »

2011年3月12日 (土)

マ・マーのはずが

俺はマ・マーを食う積りだった。マ・マーと言うのはタイのインスタン
トラーメンのブランド名なのだが、これが普通名詞化してインスタ
ントラーメンの総称になっている。
今までは、タイの食材店に行かないとタイのインスタントラーメン
は手に入らなかったが、最近は普通のスーパーでもタイのインス
タントラーメンを売っているので簡単に手に入る。
もともとインスタントラーメンが好きな俺はタイのインスタントラー
メン、マ・マーをよく食べる。

俺が「マ・マーを食う」と言ったのに出てきたものは違った。
「なんだこれ?マ・マーのスープを使わなかったの?」
インスタントラーメンに添付されているスープではないので不思
議に思った。
「いつもサミイはマ・マーを食べているでしょ。飽きていると思って、
これを作ったのよ」
出された物は汁ビーフンだった。俺に気を使ってくれたのだ。
俺は黙って食べていた。
「不味いの?」
「いや美味いよ」
俺は心にもない嘘を言いながら思った。
これは確かに美味い麺なのだが、これは俺が期待していた味とは
違う。そうすると、面白くないという感情が先にでて、美味くないと
感じてしまう。でも作ってくれた人に悪いから「美味しい」と言ってい
る。

グルメ本や有名人、美人女優が美味いと言っているものは
「美味い物だ」「美味いはずだ」という思い込みが俺達の中に作ら
れる。そうすると猫も杓子もその料理を美味いと言う。

町のトンカツ屋のトンカツと一流シェフが作ったトンカツを黙って並
べて差が分かる人なんて少ない。一流シェフはテレビ出演、講
演などで忙しいから、実際には店で調理していない。
調理しているのは弟子か孫弟子だ。それでも一流シェフが居る店
で料理を食うと一流シェフが作ったものと勘違いして旨いと言う。

こうみてくると美味いとか美味くないというのは甘味、辛味、酸味
等のバランスが作り出す味覚の判断ではないようだ。
期待、思い込み、勘違いなど心理的要素が美味さを決める重要
な要素みたいだな。

2011/3/8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月11日 (金)

唐辛子でダイエット

唐辛子が沢山入った辛い料理を食うと汗がでる。
こんなに汗がでるのなら、唐辛子を食えばダイエットができるので
はないか?そんな気がする。

美人女優とかスーパーモデルが唐辛子を沢山食べているなんて
話がでると、唐辛子ダイエットなんて
ブームが起きるのではない
か?

唐辛子で汗をだし、新陳代謝をよくして・・・・云々なんて医者が言う
かもしれない。それが事実なんだけど、俺がタイで観察したところ
では唐辛子ダイエットなんてありえない。
タイにも太った女がいる。俺よりも辛い料理を、俺よりも長い間食
っている。それでも太るのだ。
幾ら辛い料理でも食い過ぎれば太る。
太った女はいつも食っている。食事の量も多い。

最初のうちは辛くて飯を少量しか食えないから唐辛子ダイエットの
効果がある。そのうちに、辛味に慣れ、辛くても平気になる。
辛味が刺激になり、辛い料理をじゃんじゃん食うようになる。
うーん、唐辛子ダイエットなんて無理だな。

2011/3/11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイ風味の焼うどん

P1170856pct13

焼うどんもウチではタイ風の味になってしまう。
味付はナンプラと牡蠣油を使うからだ。
「えーっ!醤油味じゃないの?ヘンなの!」なんて思うかもしれな
いが、これが美味いのだ。食べ方もタイ風でレモン汁をかける。
酸味があると味がしまる。ナムプリックと一緒に食べる。
調味料だけでなく、食べ方もタイ風でしょ。
肉も脂身が多い、豚の薄切り肉だ。
「脂が多い方が美味しいわよ!」たしかにそうだ。
「この料理、タイ語でなんて呼ぶのかね?」
こんな料理はタイにない。
「うーん、そーねぇー・・・・・・???」
ヌチャナートも考え込んでしまった。
「パットミーウドンかなぁー?」
「うーん、そうかもしれないわね」
こんな味はタイにはない。ウチだけの味だ。

2011/3/1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

南瓜のタイカレー

P1170907pct13

「今度、南瓜をつかったタイカレーを作るわね」
「えっ?南瓜?」
「そう、南瓜よ。美味しいわよー」
南瓜を使ったカレーなんて聞いたことも考えたこともなかった。
俺は南瓜の黄色い色を思い浮かべた。
「黄色いカレーに入れるのかい?」
南瓜を黄色いカレーに入れても色合いが悪いだろうなと思いな
がら聞いた。
「違うわ。赤いカレーよ」
そうだろうな。話はそれだけで、すぐに南瓜のタイカレーのこと
は忘れていた。

「ねぇー、あのお店に寄りましょうよ。南瓜をちょっと買いたいのよ」
「・・・・・」
「南瓜でタイカレーを作るわ」
とうとう来たか。多分、俺の好みではないだろう。俺は覚悟を決め
た。「不味そう」「美味しくないだろうな」と思う料理を食わなくては
いけない時には覚悟がいる。

南瓜はカンボジアから来たから、カンボジアが訛ってカボチャに
なったという説がある。つまり南瓜は南蛮渡来の野菜なんだ。
ヌチャナートは楽しそうに調理を始めた。南瓜の種を取りながら
「南瓜のケーキも美味しいのよ」
「知っているよ。あれも美味しいね」

「日本語ではカボチャっていうのよね。カンプチアのことね」
なんて話しながら手を動かしている。
カンボジアのことをタイ語ではケメーンとかカンプチアと言う。
国の名前は時代によって変わる。
南蛮貿易が盛んだった頃もカンボジアと称していたのだろうか?
だんだん良い臭いがしてきた。
「ねぇー、味見してよ。唐辛子をもっと入れる?」
味見をすると、良い味になっている。
「辛さはちょうど良いよ。唐辛子はいらない」

出された南瓜のタイカレーを食べ始めた。俺はその味に期待し
ていない。一口食って見ると、南瓜の甘味がカレーの辛さを消
す効果があるのが分かった。
カレーが持つ鋭い刺激的な香りを南瓜が消している。
「これはいけるな!この味はいい」
意外な組合せと思ったが、実に相性がいい。

2011/3/9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水)

猫のくしゃみ

ウチはタイ料理しか作らない。
飯の時間になると、唐辛子をいっぱい使った料理を作る。
唐辛子に熱が加わると有害だか無害だかわからないが刺激臭が
でる。このにおいを嗅ぐと必ずくしゃみがでる。

ウチの可愛い飼い猫のサダムフセインは俺と同じ部屋にいる。
俺がくしゃみをしてもサダムフセインはくしゃみをしない。

うーん・・・・猫ってくしゃみをしないのかな???
それとも我慢しているのかな?

2011/3/9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牛肉の和風炒め物タイスタイル

P1170870pct13

こんな料理が出てきた。俺はタイ料理だと思いながら食っていた。
「この料理の名前はなんて言うの?」
「牛肉の炒め物よ」
「えっ・・・・・?」
もう少し変わった名前かと思ったら素材と調理法を組み合わせた
単純な名前だ。
和食の場合、料理には綺麗な雅やかな名前をつける。
駅にある安い立ち食い蕎麦でさえ優雅な名前をつける。
例えば汁そばに生卵と海苔を乗せると”月見蕎麦”なんて言う。
生卵、海苔入り蕎麦なんて決して言わない。
タイ料理の中にも雅やかな名前をつけた料理もあるが、多くは
素材をどう調理したかが料理の名前になっている。
「これ、日本の料理よ」
「むむむ・・・・・?」
醤油で味付けしてあるからヌチャナートから見ると、これは和食
なんだ。でもなー、この辛さはなんだよ?
こんなに唐辛子が入った辛い和食なんてないぞ!
これがタイ料理か日本の料理かわからないが、食うと美味い。
「あら、美味しいわね」自画自賛だ。
作った本人が日本の料理だというのだから、この料理の名前
は牛肉の和風炒め物タイスタイルとしておこう。

2011/3/3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 8日 (火)

春雨と鶏肉カレー

P1170860pct13


この料理をゲンウンセンサイガイと呼んでいた。
カレーと言っても黄色いインドカレーではなくてタイのカレーだから
味は全く異なっている。
「何にする?」朝食はどうするかと聞かれた。
「分かんないなー。何にする?」
「うーん・・・・。そうねー・・・・・?」
二人で「うん」「うん」言い合っていてもしょうがない。こういう時は
冷蔵庫を開ける。冷蔵庫に鶏肉があるので取り出した。
「これを食おう」俺の役割は其処までだ。後はヌチャナートが考え
る。任せた以上は出てきたものがどんな物でも食わなくてはいけ
ない。
「お野菜いれるでしょ?」
どんな料理を作るのか知らないのに、俺は無責任に答える。
「うん」
ちょこちょこと作って料理を出してきた。見ると春雨が入ってい
る。タイ料理はスプーンとフォークで食べるが、この料理は箸を使
った方が食いやすい。箸とスプーンという奇妙な組合せで料理を
食う。これは辛い料理だ。額から汗が出てくる。
俺の額から汗がでる時はタイ料理を食べつけない日本人には辛
すぎて食べられないかもしれない。

英米だったなら朝食はベーコン、エッグ、日本の朝食なら焼魚に
生卵なんて決まった形がある。俺が観察した範囲では、タイには
そのような決まった朝食の形がない。
朝からこんな辛い料理が出てくる。
こんな料理を朝から出されるので、タイ人と結婚した多くの日本
人はタイ料理を食べなくなる。

2011/3/3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 7日 (月)

鯵のタイカレー煮

中鯵をヌチャナートが買ってきた。これを酢でしめて食べるのかと
思っていた。最近、そんな食べ方が気に入っているようだ。
「酢でしめるのかい?」
「違うわ、タイ料理を作るのよ」
また俺が食べない野菜と一緒に蒸しあげる料理を作るのだと思っ
ていた。

P1170889pct13

そうしたらタイカレーで鯵を煮込んでいる。
使ったタイカレーはレトルト物だ。レトルト物と言って馬鹿にして
はいけない。このタイカレーにちょっと手を加えただけで全く違う
味になる。これなら最初から作る手間が省ける。
ココナッツも既に入っているので、ココナッツの缶詰を空ける必
要もない。

手抜き料理みたいなものだが、味はしっかりしている。
強い香草の香りで、魚の生臭さが消えている。
これなら俺も食べられる。

2011/3/5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きびなごの干物

P1170879pct13

大漁で獲れすぎだったのだろう。きびなごがバカ安の値段で売って
いた。こんなにきびなごを買ってもしょうがないと俺は思ったが、
ヌチャナートは買うと言う。
きびなごを長いこと塩漬けにしておいて、忘れた頃に取り出して食
べるのだと思った。

「この魚に塩を振るの?」
「お塩なんていらないわ。このまま干すのよ」
塩を使わないで乾燥させると、乾燥する前に腐るのではないかと
心配した。今は空気が乾燥した寒い冬だ。きびなごは腐ることな
く完全に乾燥した。煮干のような仕上がりだ。
これを唐辛子などと一緒に潰すと美味しいナムプリックができる。

P1170886pct13

今日は乾燥したきびなごを唐揚にして辛いソースをつけながら食
べることにした。

2011/3/5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤムプラムックに蒲鉾

P1170894pct13

甲烏賊を使った烏賊のタイ風サラダだ。
ヤムプラムックをヌチャナートが作った時、俺は美味いと思った。
これは日本にはない味、珍しい味だ。
「これは辛いけど、美味いから味見してください」なんて言ってご近
所さんに持って行った。
なにしろ日本人の舌に合わせていないタイの味覚そのままの味だ。
今、思うと、辛すぎて食べられなかった
と思う。

今日は烏賊の他に蒲鉾や偽物のカニも使った。
俺達日本人は俺がカニボコと呼んでいる偽物のカニは安物と位
置づける。でもタイの庶民にとってカニボコは高級品なんだ。
タイでのカニボコの値段は日本と同じかそれ以上する。

蒲鉾もカニボコもこうやるとタイの味になってしまう。
ベランダ菜園からとってきたミントで飾った。
鉢に植わっている時、ミントは青く見えた。
こうやって白い皿に乗せてみると、寒い冬だからミントの色はくす
んでいる。ミントも寒さに耐えているのだ。
もう暫くして暖かくなるとミントも元気になり青々とする。

2011/3/5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

烏賊の沖漬のタイ料理

P1170884pct13

烏賊の沖漬はこのまま食べても美味しい。
タイ人が沖漬を食べる時はこんな食べ方をする。
「えーっ?こんなにニンニクを入れるの?」
そうなんです。これだけニンニクと唐辛子を入れないと美味しいと
感じないのです。日本ではこんなにニンニクを使うと嫌がられます
が、タイではみんなが同じような物を食べていますからニンニクの
においなんて誰も気にしません。男も女もむしゃむしゃニンニクを
食べています。
生のニンニクは男の食べ物みたいに日本では思われているけど、
タイでは美人も平気で生のニンニクを食べています。

大きな烏賊のワタがちょっと見えます。ワタはヌチャナートの好物
なんです。
沖漬というのは一種の塩辛です。
今の日本では塩辛といえば烏賊かカツオしかありませんが、タイ
にはいろいろな塩辛があります。市場で見かけるタイの塩辛はた
いてい見た目が悪くて、鼻をつまみたくなるいやなにおいがします。
これが琵琶湖の鮒寿司のような日本の熟れ寿司の原型なんだと
知っているから、俺は塩辛を買って来て味見をする。
この塩辛から江戸前寿司に発展していったのだと思えばタイの塩
辛に興味をもてるかな?
「この塩辛はどんな味がするんだろう」と想像しながら塩辛を市場
で見ているとわくわくします。

日本の烏賊の塩辛にニンニクと唐辛子を混ぜて食べて御覧なさい。
ニンニクと唐辛子は適量と思えるだけ加えればいいのです。
この写真はタイ人が見て適量と考えた量です。
一風変わった酒の肴になりますよ。

2011/3/5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

焦げた手羽焼

P1170888pct13

手羽を串に刺して焼いた。手羽はタイ人が好んで食べる部位だ。
俺はタイの市場で鳥の部位別の値段をメモっていた。
後から値段を見て驚いた。手羽の値段はモモ・胸肉よりも高いの
だ。モモ・胸肉は高級で手羽は下級の肉と位置づけていた俺は一
種のショックをうけた。

日本人もタイ人も値段が高い食材は高級と見る傾向がある。
値段が高い手羽は高級なので、タイ人は手羽を好んで食べるの
か??俺は食べにくいし、骨がある手羽を好まないから、タイ人の
食の好みを不思議だと思っている。これが文化なんだ。

日本のスーパーで手羽を売っているのを見ると、ヌチャナートは買
う。
「自分が好きだから?」なのか手羽を焼く。
焼くとこのように焦がす。このくらい焼かないと焼けたと思わない
らしい。

2011/3/5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

燻製した魚

P1170877pct13


タイの市場に行くと、このように燻製した魚を売っている。
暑苦しいタイの市場でこの魚のにおいを嗅ぐと、むさ苦しいにおい
と感じる。魚が好きな人は美味しそうなにおいと感じるかもしれない。

俺達は燻製した魚を見て「これは食い物だ」とすぐに分かる。
暑くて食い物が腐りやすい気候のなかで、タイの人々はこうやっ
て魚を保存しているのだ。なるほどと感心する。
食い物だろうと推定しても、どう調理するのか分からない。
旅先では調理して食ってみたくても、調理できない。

P1170891pct13

同じ魚を日本で見ると、違った感じになる。なんだか懐かしい思
いに捕らわれる。
ヌチャナートも同じ思いなのか、それを買った。
この燻製した魚をヌチャナートが調理するとこんな形になる。
スープに煙のにおいがついている。このにおいがこの料理のアク
セントなんだろうな。

2011/3/5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

醤油が焦げるにおい

外国に行くとその国特有なにおいがあるのに気がつく。
例えばタイの場合だと豚足を煮ている所からにおってくる八角の
においをタイ特有なにおいと俺は感じる。
あちこちから八角のにおいがしてくる。

俺が思うに日本に特有なにおいは醤油が焦げるにおいだと思う。
お煎餅を食べている時のにおい、ウナギの蒲焼のにおいなど醤
油が焦げるにおいが日本のにおいだと思う。
人によっては味噌のにおいが日本特有のにおいと感じるかもし
れない。味噌汁のにおいはあちこちでするから、味噌のにおいも
日本のにおいかもしれない。

P1170882pct13

なんだかいいにおいがする。ヌチャナートが料理を作っている
においだ。
「美味しそうなにおいだね」
いつものにおいとはちょっと違うな?
「醤油をつかったのかい?」
「そうよ」
肉を炒めて醤油で味付けしている。その醤油が焦げるにおい
だった。毎日タイ料理を食べているのに、醤油が焦げるにおいを
嗅ぐと、俺は美味しそうだと感じる。
まだ俺には日本人の食事感覚が残っているのだ。

2011/3/5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソムタムポンラマイ 果物のソムタム

俺達が知っているソムタムというのは青いパパイヤを使ったものだ。
英語国民はソムタムのことをパパイヤサラダなんて呼んでいる。
パパイヤを使った一般的なソムタムの他にいろいろな果物を混ぜ
合わせて作る果物のソムタムがある。
これをタイ語ではソムタムポンラマイと呼んでいる。
つまり果物のソムタムということだ。

青いマンゴーが近所の店で売っていた。それを見た時、果物の
ソムタムを作ろうと思ってしまった。今日の材料は青いマンゴー、
リンゴ、グレープフルーツ、トマト、パイナップルなどを使った。
グレープフルーツの厚い皮を剥き、果肉を潰さないように薄皮を
剥くのは大変だ。

ザボンのような大きさのソムオーと呼ぶミカンがタイにある。
これの厚皮を剥き、果肉の薄皮を潰さずに取り出して売っている。
果肉の間に入り込んだ白い繊維を竹の串で取っているタイの光
景を思い出しながらグレープフルーツの薄皮を剥いた。

初めて果物のソムタムを食った時、美味い、果物のこんな食べ
方があるのかと驚いた。我々や欧米人の食習慣では果物と言
うのはデザートに出るものだ。
このようにして食べる果物は完全に料理だと感じた。

P1170892pct13

珍しい果物の食べ方だからご近所さんにも差し上げようと考えていた。
味見をすると俺には美味い味、風変わりな味に思える。
でもなー、タイ料理を知らないご近所さんはこの味をどう思う?
ご近所さんに持って行くのをためらった。
こんな料理をご近所さんに持って行っても、ご近所さんには迷惑だろう。
「なんだろうね、あのウチ!美味しい果物をわざわざ不味くして食べている!」
そんな評価になっちゃうだろうな。

2011/3/5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月27日 - 2011年3月5日 | トップページ | 2011年3月13日 - 2011年3月19日 »