« 2011年3月20日 - 2011年3月26日 | トップページ | 2011年4月3日 - 2011年4月9日 »

2011年4月 2日 (土)

食べ物と健康4021

今日はタマネギと健康に関する広告が多いな。
ちょうど一月前に、例として”タマネギを食って疲れ知らずなんて広
告が少なくなった”と書いたからだろ
うか?
相変わらずアカシアポリフェノール、レシチンなどがなになにに効
果があるという広告があるな。このような広告は食べ物、つまり魚
屋や八百屋で気軽に買えるものではないので、調査の対象から外す。

「夢21」誌 2011年5月号 わかさ出版

水は日本では一番安価な食べ物だ。水が認知症に効果がある
と書いてある。
認知症の進行を防いで妄想や幻覚など症状が改善する簡単な
秘策は便秘の解消と水分補給

キクイモなんて八百屋で売っていないが、周辺の原っぱに生えて
いるから食べ物としよう。
糖尿病の人はアルツハイマーを高率で招くため血糖減らしが急
務で妙薬は腰落としとキクイモ

「安心」誌  2011年5月号 マキノ出版社

完全保存版
タマネギで糖尿病を直す!
効いた治った実例満載
血糖値ばかりか血圧、コレステロール値も下がった!
○酢玉ネギ ○タマネギスープ ○タマネギ皮茶 ○タマネギジュ
ース ○タマネギみそ汁○タマネギワイン ○タマネギスライス 
○タマネギ納豆 ○タマネギドレッシング

メタボ撃退!ショウガココア
代謝アップ! 高血圧、便秘、膀胱炎、不眠が解決!
パニック傷害、うつも解消!
広告を見てショウガココアというのはココアに生姜をいれたもの
と俺は解釈している。
本当のことを知りたい人は本を買ってくださいね。

「はつらつ元気」誌 2011年5月号 芸文社

血糖値 ヘモグロビンA1C 驚きの改善!
薬とインスリン注射から解放された!
「お酢」があれば糖尿病を克服できる!!
医師も食べてる「酢玉ネギ」
口渇 だるさしびれ 眼底出血、歯周病など!
合併症を寸前回避!

残便感なし! 7Kg楽(○囲み)やせて顔・頭皮の吹き出物が治った!
腹やせる!! 冷え高血圧解消し肌すべすべ
らくらく速効 米糠毒だし快便術

芸文社からだされている、こんな単行本の広告があった。
「タマネギで糖尿病を治す本」
高血糖がするする落ちて正常値に!
クスリ以上に効いたと大評判!
タマネギがズバリ効く!
利用術一挙大公開!
かんたん!すぐできる!タマネギ料理レシピ満載!
糖尿病やメタボなど気になる方へ朗報!
糖を効率よく消費し、インスリンを分泌、血液サラサラ、脂肪も燃
える万能野菜!!

2011/4/2

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ティラピアの刺身

日本ではティラピアという名前の淡水の養殖魚をいずみ鯛と称し
て刺身にして食べている。色も綺麗で美味しい刺身だ。

今、タイでは寿司・刺身がブームになっている。
大手企業が回転寿司を始めるだけでなく、青空市場でも寿司を
売っている。海岸から離れた地域では新鮮な海の魚が手に入り
にくいのがタイの現状だ。流通の何処かでコールドチェーンが切
れており、魚の温度が上がり鮮度に疑問ができる。
だから、タイで生魚を食べるのは危険だと俺は思っている。

タイではティラピアなら身近の養殖場から手に入る。
そんな所から持ってきたティラピアは新鮮だから刺身にして食
べることができそうだ。
でもタイに住む淡水の魚介類には寄生虫がおり、人間に入り
込むことがある。
その危険性を考えてティラピアを刺身にしないのかな?
それとも刺身という発想がないのかな?

寿司、刺身を食えるのはタイの富裕層だ。
富裕層は欲しい食材は輸入すればいいと思っている?
貧困層は刺身を知らないから、ティラピアを刺身にしようなんて発
想が浮かばないのかもしれない。

ティラピアには寄生虫がいないから安全だと確認されるとティラ
ピアの刺身が旅行者の間でタイ名物に
なるかもしれない。
その可能性もあるが、その前にタイ人に徹底的な衛生教育をし
ないといけない。手の洗い方から俎板、包丁の洗浄、温度管理
まで教え込まないと刺身は危険な料理になる。
俺が見た青空市場の寿司屋では使い捨ての手袋をして巻き寿
司を作っていた。
一部には衛生教育が浸透しているのだと俺は見た。

2011/3/30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 1日 (金)

ヤッツケ炒め物

このブログの中にある”タイにはない料理”という記事を読んで下
さった方から、ここに書いてある料理は「ヤッツケ炒め物の類」で
は無いかというコメントを戴きました。

http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-4f82.html

「ヤッツケ炒め物」と言うのは、お母様が手じかにある野菜を集め
て野菜炒めにしてくださった料理で、
それはそれで美味しいとのこ
とです。きっと料理がお上手なお母様なのだと思います。

そうなんです、”タイにはない料理”という記事に書いてある料理
もヤッツケ料理なんです。
ウチの料理の場合、基本的にヤッツケ料理の繰り返しです。
例えばトムカーガイが食べたいからと言って、必要な食材を集め
て調理することはありません。冷蔵庫、保存食などを見て、その
時ある食材で臨機応変にその時の気分で料理を作ってしまうの
すから、ヤッツケ料理なんです。
ヤッツケ料理と言うと手抜き料理で不味そうな感じがします。
それは誤解でして、ヤッツケ料理ってたいてい美味しい料理なん
です。料理のコツを知っている人だけが作れるのがヤッツケ料理
なんです。

ヤッツケ料理の場合、肉、魚、野菜の量のバランスが取れない
ことがありますね。
「これっぽっち、肉を残してもしょうがない」と言って、日本の主
婦は肉を使い切ってしまいます。ヌチャナートは
「そんなに肉を入れたら美味しくない」と言って野菜の量に見合
った量の肉を使います
。ほんのちょっぴり残った肉は次のヤッ
ツケ料理に使います。

もしウチの料理が正統派のタイの家庭料理だと思われていた方
はこれを読んでがっかりされたでしょう
。ごめんなさい。
これが食材を無駄にしないで、何でも美味しくしちゃえと母から娘
に伝えられたタイの家庭料理なんで
す。
食べられる物はなんでも美味しく食べちゃうヤッツケ料理が家庭
料理の基本ではないでしょうか?

タイ庶民の食生活を知っておられる方は、ウチの料理は珍しいと
感じるはずです。それと言いますのも、食べ物を売る店がそこら
じゅうにありますので、タイ人は自分で料理を作りません

タイ料理を作れないタイ人が大勢いても不思議ではないことを頭
に入れてください。
多くのタイ人にとって食事と言うのは店へ行って自分が食べたい
一回分の料理を買って来て食べるこ
とです。物が腐りやすい熱帯
ですから、朝、買った物を夜に食べるのは危険です。
だから、買い置きはせ
ず一回分しか買いません。
店と言っても田舎では廃材で作った台の上に鍋を並べているだけ
が普
通です。旅行者はそれが料理店なのだと気づかないでしょう。
「買い食いの食文化」の中では、食べ残しはあっても余り物の食材
はないので、ヤッツケ料理はありま
せん。

その一方で料理作りが好きと言うタイ人は余った野菜、肉や魚を
使って美味しい「ヤッツケ料理」を
作っちゃいます。これは日本の
主婦にもあてはまると思います。

2011/3/31

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月31日 (木)

いずみ鯛の塩焼

P1180005pct13

日本ではティラピアという名前は余り知られていないが、ティラピア
は淡水に住む鯛に似た魚だ。
ティラピアと言うとアマゾンに住む獰猛な肉食魚ピラニアと勘違い
する。関係者が知恵を絞ってイズミ鯛と呼ぶようにさせ、その名前
の方が定着している。
タイ語ではパーニンと呼んでおり、タイでは何処でも簡単に手に入
る魚だ。

この魚はどうやらタイから輸入されたものらしい。
その証拠に尾鰭が切り落とされているのに注目して貰いたい。
日本で養殖されたものなら尾鰭を切り落とさずに流通する。

パーニンを見ると、ヌチャナートは嬉しそうに沢山買った。
こんな魚を何匹も買ってどうするの?なんて思うかもしれない。
ウチでは塩漬けにして保存食にするから心配は要らない。
食べたい時、必要な時に取り出して食べる。タイ人の知恵だ。
大震災、原発事故後の日本ではこのような保存食を家庭で作る
ことが必ず見直される。

まだ漬け込んでから何日も経っていないし、気温も低い。
「タイなら、直ぐに酸っぱくなるのに、日本じゃならないわね」
醗酵して酸っぱくなった魚は長期保存が可能だ。
そんな魚を唐揚にして売っている屋台もある。

今日は焼いて食べることにした。適度に塩味がきいている。
ガピと一緒に潰した生唐辛子のペーストをつけながら食べる。
これもなかなか楽しい食べ方だ。

2011/3/29

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月29日 (火)

鶏肉のタイ風炒め物

P1180002pct13

この料理はパッカパオガイと呼ぶタイ料理だ。
暫く、これが出てこなかったのはハーブがなかったからだ。
新鮮なハーブを手に入れたので作ってくれた。
鶏肉を炒めながら、またいつもの口癖が始まった。
「日本の唐辛子は煙がでるのよ。タイの唐辛子の方がいいわ」
日本の唐辛子と言っても、中国からの輸入品だ。
国産の乾燥唐辛子なんてあるのかな?
あっても数グラム入りの小袋に入ったものしかないと思う。
少なくとも100グラム単位で買わないとウチでは間に合わない。
料理のたんびに小袋をあけるなんてやっていられない。

本当にタイの唐辛子は煙がでないのか?
そんなことはないと思う。唐辛子を焙煎する場合、タイ人も屋外で
焙煎している。
パッカパオを作っている料理人がクシャミをするのを目撃している。
いくらタイの唐辛子と言っても加熱すれば煙は出る。

料理の好き嫌いは味より香りで決まることが多い。
この香りは俺の好みに合っているが、好まない人もいるだろうか?
もちろんタイ料理だから辛い。
「辛くない?大丈夫?」ヌチャナートは心配してくれる。
「いや、辛くないよ。」
唐辛子の辛さって耐性ができるのだ。
多くの日本人が激辛とみるこんな料理を何事もないかのように食
べている。この料理は酒の肴にもなると思ったが、タイ料理を知ら
ない人には辛すぎて無理かな?
俺には酒と相性がいい料理だと思うんだけどナー。
辛さを消すために酒を飲んで飲みすぎると大変だな。

2011/3/28

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月28日 (月)

タイの保存食

車掌が「次はウエノー」と停車駅の案内をした。
「上野なの?」
「そうだよ」
「市場へ行きましょうよ」
市場と言うのはアメ横のことだとすぐに分かった。
アメ横の雰囲気はタイの込み合う市場の雰囲気に似ている。
その雰囲気が気に入ったのか、食材が安く手に入るのが嬉しい
のか、タイの食材を買う楽しみなのか
、理由はともかくヌチャナ
ートはアメ横が大好きなのだ。途中下車してアメ横に向かった。

日本の市場では手に入りにくい蛙、スッポン、ティラピア、ハーブ
などなどが並んでいる。豚肉の切り方も日本の切り方とは違う。
タイの市場で見るのと同じ、切り方をしている。
そんな形を見るだけでも俺には面白い。
ここへ来ると自分の国で食べている食材が手に入るのでいろいろ
な国の人がやって来る。タイ人、中国人だけでなくアフリカ人も何
かを買い込んで嬉しそうに笑っている。
「あら、これ安いわ」
「これ買いましょうよ」
「あっ、これちょうどなくなっているのよ」
「これでなになにすると美味しいのよ」
なんて言いながらいろいろな食材を買った。
ヌチャナートは欲しいものを買う役で、俺は運び屋役だ。
だんだんと荷物が重くなるが、ヌチャナートは無頓着に買物を続け
る。

家に帰ると、戦争だ。
冷凍保存ができるものをより分けて冷凍する。
加工保存する魚や肉は身を切り分けたり、塩を振ったりする。
ただ単に塩を振るのではなくニンニクを入れたり、飯を入れたりす
る。いろいろな保存方法を食材により使い分ける。
伝統的なタイの保存食を作る知恵があるからできる。
この保存方法にも地域差があるはずだ。
ウチの保存食はタイ東北部で行われている物だと思う。

スーパーで惣菜を買って食事をしている日本の主婦にはこんな事は
できない。昔の日本には漬物など保存食を作る知恵が伝承され
ていた。福島原発事故、東北大震災で安全な食品を保存する必
要性が見直されるのではないかな。
日本でも地方ごとに食材の違った保存方法がある。
伝統的な保存食を作ることは食生活を豊にすることにもつながる。
買い込んだタイの食材を使って、保存食を作るのを手伝いながら、
こんなことを考えていた。

2011/3/28

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月27日 (日)

鯛の兜焼はゲテモノか

俺は脅かそうと思ってヌチャナートに鯛の兜焼を出した。
ヌチャナートは美味しいと言って、鯛の兜焼が気に入った。
まさかそんな物が気に入るとは思っていなかったからその後、
「魚の頭を買いましょうよ」と言われた時、何を言われたのか分か
らなかった。今では鯛の頭が安く売っていると、ヌチャナートはそ
れを買って来て兜焼にして食っている。
俺も鯛の兜焼は美味いと思っている。

白人は鯛の兜焼を出されると驚くようだ。
大きな目がこっちをみているようで、気持ち悪いと感じるらしい。
その気持ちは分かるよ。
鯛の頭は日本人、タイ人にとっては美味しい食材なのだが、白人
には気味の悪い食材となる。

豚の頭がタイの市場で売られている。
目をつぶっているのだが、大きな豚の頭がデーンと乗っているのを
見ると俺は恐ろしくなる。
そんなものを見てもタイ人は恐ろしいと感じない。
むしろ美味そうなんて感じているのではないか??

白人には鯛の頭はゲテモノになる。
俺は赤提灯で豚のカシラの串焼きを食っているのだが、豚の頭全体
の姿はゲテモノに見える。
ゲテモノなんて物は世の中にはないんだ。
自分達が食い慣れないものをゲテモノと呼んでいるだけなんだな。

2011/3/21

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月20日 - 2011年3月26日 | トップページ | 2011年4月3日 - 2011年4月9日 »