« 2011年6月5日 - 2011年6月11日 | トップページ | 2011年6月19日 - 2011年6月25日 »

2011年6月18日 (土)

高菜とシーチキンのトムチュート

今日は肉も魚もないが、ヌチャナートは慌てない。
「魚の缶詰があるわ」
缶詰をごそごそやっている。缶詰のラベルはみんな日本語だ。
ラベルに描かれた絵で缶詰の中身を確認している。
日本語が読めない外国人が増えている。
絵があれば中身を推定できる。
魚の種類がマグロだか鯖だか鰯だか分からなくとも、それが野菜
の缶詰とは思わない。

そうそう子供の頃の思い出だ。
デルモンテの缶詰を戴いた。当時デルモンテの缶詰は緑のラベル
に外国語で品名が書いてあっただけだ。パイ缶と言ってもわから
ないだろうな。パイナップルの缶詰を約してパイ缶と言っていた。
パイ缶は子供の好物だ。缶詰を開けたらパイナップルではなくて
たしかピーチだった。俺はがっかりした。
売った人も買った人も貰った人も皆それがパイ缶だと思っていた
のだろう。外国語が読めなかった当時の思い出だ。

P1190350pct13

話を元に戻そう。
ヌチャナートはシーチキンの缶詰を選んだ。
このシーチキンをこともあろうに高菜の漬物と煮込んだ。
漬物というのはそのまま生で食べるのが日本人の常識だ。
これがタイ人の常識では違う。
漬物は保存食、料理の素材とタイ人は考えるのだ。
高菜の漬物も素材だから煮込んで食ってもおかしくないと考える。
実によい味に仕上がっている。
自分が作った味に満足している時はヌチャナートは俺に味見をさ
せる。
「美味しいわよ。味見してごらんなさい」
「・・・・・」うん良い味に仕上がっている。
「ねっ、美味しいでしょ」
「うん」
思いがけない素材の組み合わせで、良い料理ができあがった。
ヌチャナートはこれをトムチュートと呼んでいる。

2011/6/16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月17日 (金)

明治時代の台所

明治時代に横浜を拠点に活躍したイタリア人写真家アドルフォ・
ファルサーリの写真がウエブにあった。その中に台所の写真がある。
四人の女が台所で仕事をしている。
ということはかなり大きな家で使用人も大勢いるのだろう。
女が床に座っているからここは土間ではなくて板の間だと思う。

097c0f69s

釜の中を掻きまわしている様子から、これは飯を炊いているので
はなく、味噌汁でも作っているのだろうな。大きな釜だ。
一升炊きの釜かな?もっと入るのかな?
釜の色がまるでステンレスかアルミのように白いのが気にかかる
な?鉄釜のはずだから、黒いと思うのだが?
彩色をする時、黒では見栄えが悪いので白にしたのかな?

女が縦笛のようなものを持っている。女が持っている物は火吹き竹
といいうものだ。竹の節に小さな穴を開ける。
竹に息を吹き込むと穴から息が急速にでるので火が速くつく。
釜が乗っている黒い台のようなものを「竃」と書いて「へっつい」と言
う物だ。もうこれも死語だな。

水桶と柄杓がある。水道がないから井戸から水を汲んできたのだ。
木製の釜の蓋が立てかけてある黒い壺は火消し壺と言う。
これは調理が終わり、まだ燃えている炭や木をここに入れて消す
道具だ。こうして火事を防ぐと同時に、「消し炭」「おき」を作る。
「消し炭」や「おき」は簡単に火がつくので次回調理する時に利用
する。こんな光景はつい数十年前、敗戦で全てを失った東京の都
心でも見られた。

左から三番目の女は何かを切っている。
今の日本ではこんな風に作業をすることはない。
今でもこれと同じスタイルでタイでは物を切っている。
昔からこのスタイルで物を切っているので、台の上で物を切ろうと
しない。「台で作業をする方が効率的だ」と幾ら言っても、写真の
ようなスタイルで作業をする。習慣を直させるのは大変だよ。

右端の女は擂り鉢で何かを擂っている。
この写真を見たタイ人は右端の女はソムタムを作っていると思う
だろうな。

写真の出所はここだ。珍しい光景が見られる。
http://digi-6.com/archives/51741356.html

2011/6/15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月16日 (木)

焼鳥飯

この写真を見るとカオマンガイだと思っちゃうかもしれないな。
実はこの鶏は昨日の焼鳥を温め直したものなんだ。
当然、肉は固くなっている。

P1190339pct13

食べ物は無駄にしてはいけないので、固くなった焼鳥をそのまま
食べようとした。
「肉をむしって、ご飯に乗せるのよ」
「・・・・・」
「それからナンプラをかけてね」
「掻きまわして食べるのかい?」
「そうよ」
こうして食って見ると、カオマンガイとは違う味わいがある。
焼鳥丼とも違う。うーん、これはタイ料理かな?
ナンプラを使っているからタイ料理に入れてもいいかな?
じゃぁー、醤油なら和食かな?
醤油をかけても美味しいはずだ。
「ナムプリックを入れると美味しくなるわよ」
なるほど、ナムプリックの唐辛子味で刺激しようと言うのだ。
ナムプリックを入れると、もうこれは正真正銘のタイ料理になる。

2011/6/15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食べ物と健康広告6161

ちょっと前までは「これを食うと何によい」「この野菜は何の特効薬」
なんて言う広告が目に入った。このごろは何を食うと何によいと言
う広告が目に付かなくなった気がする。

今日も「ビルベリーエキス」が緑内障によい、「ハナビラタケ」がガン
に効く、「シルク微粉末」が髪の毛に
よい、「ラフマ葉エキス」がうつ
病によいなんて広告があったが、これ等は通常我々が考える食い
物じゃ
ないから外すことにする。

今回、特筆できる広告は放射能に勝つための食品の広告があっ
たことだ。放射能から身を守る生活術という記事もあった。

「何を食うと何によい」という広告も時と共に変化するのがわかる。
この世界にも流行のようなものがあるのだ。
品種改良で味・香り・ビタミン含有量などが多少変化しているが、
本質的にそれほど大きな差はない
はずだ。例えば朝バナナで
ダイエットなんてものが2,3年前に流行ったが今は騒がない。
最近のバナナでは効果がないとは考えにくい。朝バナナダイエ
ットはファッションだったのだ。

「ゆほびか」誌 2011年08月号 マキノ出版
満腹美味!「昆布ライス」ダイエット
35Kg やせたと話題!無臭便スルリ!脂肪も有害物質も排出!
シミ・不眠にも!

「壮快」誌 2011年08月号 マイヘルス社・マキノ出版
放射能の害も防ぐと新判明
ゴーヤで25Kg医師も10Kg・7Kgやせた
血糖値が正常化
アトピー シミ シワも速(○囲み)改善

ショウガ、油揚げ、ビール、タコが効く!
放射能に勝つ!
有名医師、大学教授が勧める身近な特効食ズラリ!

そば焼酎のほのかで上品な香りの中に細胞のガン化を防ぎ老化
物質を撃退する成分を発見
この雑誌の6月号ではビールで耳鳴り解消!なんて記事があった
はずだ。来月号では清酒を飲むと何に効くという記事がでるかも
しれないな。

「わかさ」誌 2011年08月号 わかさ出版

この号では食い物と健康関係の記事はない。
つまようじで歯周病を改善する記事が沢山ある。
放射能汚染から身を守る地域別生活術なんて記事がある。

「健康365」誌 2011年08月号 ㈱エイチアンドアイ

この号ではこれを食ったら何によいという記事はない。
「ビルベリーエキス」が緑内障によい、「ハナビラタケ」がガンに効く、
「シルク微粉末」が髪の毛によい、「
ラフマ葉エキス」がうつ病によい
なんて広告があったが、こんなものは八百屋や魚屋で買えない。
これ等は食い物とは考えないから外そう。

「ためしてガッテン」誌 2011 Vol.11 夏

すり鉢茶で! 酒かすで! スロージョギングで!
コレステロール超健康法
悪玉コレステ値が41mg/dl減の人も!

話題の食材をパワーアップ!
ウルトラしょうがで夏冷え解消!

2011/6/16

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年6月15日 (水)

宝くじをタイで

夢でお告げがあって宝くじを買ったら当ったなんて話をよく聞く。
俺には夢のお告げはなかったが、何だか当りそうな気がしたので
タイで宝くじを買った。欲と願望がそんな気にさせたのかもしれな
い。

実際に当ったなら、その金はどうするのだ?
日本へ持ち帰ることができるのか?
タイの金を日本に持ち帰れないのなら、タイの銀行に預けるしかな
いな。外国人が賞金を受取ることができるのか?
それはヌチャナートの名前を使えばいいだろう。
タイに税金を払うのか?などなど余計な心配をした。

P1190332pct13 

宝くじはこんな姿をしている。
一枚40バーツなのだが、二枚が一組になっているので80バーツと
いうこと
になる。これは宝くじ局で買う値段だ。
町では100から110バーツで売っている。
抽選は午後から行われるので、抽選日の午前中は宝くじの特売
が始まる。
当選番号はネットでも発表される。

http://www.glo.or.th/index2.php

パソコンとかインターネットなんてない庶民のために、こんな宝くじ
新聞が発行される。もちろん新聞でも当選番号は発表されるが、
新聞を取っていない家庭も多い。
それでこんな新聞を買って当選番号を確認する。
宝くじ新聞の値段は3バーツだ。

P1190330pct13

数枚の宝くじを持った警官が宝くじ新聞を買ってその場で確認をし
ていた。どうやら当たり券はなかったようだ。
渋い顔をして「ちぇっ!」と言いながら買った新聞を店に返していた。
店はこの新聞をまた3バーツで他の人に売ることができる。

P1190331pct13

宝くじ新聞の裏側には怪しげな広告がでている。
「大当たり必勝法」「ラッキーナンバー」なんてところだ。
絶対に当るのなら、こんな怪しげな商売をせずに、自分で宝くじを
買って毎回賞金を稼げばいいじゃ
ないの!そう思うよね!

宝くじの発行枚数は日本よりタイの方が多いのではないだろうか?
あちこちで宝くじは売られている。身障者が宝くじを売るのをよく見
る。江戸時代の日本では盲人に金貸しをやらせ、盲人の自活を助
けていた。それと同じように、タイでは宝くじで身障者を助けている
のだろうか?

宝くじに当ったならどうしようと心配する必要はなかった。
当選番号にかすることもなく、見事に外れた。
こういうのも杞憂というのかな?

2011/6/12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月14日 (火)

ハミガキコ

昔はハミガキコと言えば粉だった。糊状の練り歯磨きは高級品で
良い香りがした。もう粉状のハミガキコなんて日本にあるのかな?
現在の日本ではチューブに入った練り歯磨きが主に使われている。
そんな練り歯磨きも「ハミガキコ」と言っているのではないか?
「ハミガキコ」を漢字で書くと「歯磨き粉」となる。
つまりハミガキコというのは歯を磨く粉なんだ。
粉状の物だからハミガキコと言っていたが、糊状になっても未だに
ハミガキコと言っているのが面白い。

俺が知っている範囲だが、タイの田舎でもハミガキコはチューブに
入った練り歯磨きを使っている。
もうこの世の中には粉のハミガキコなんてないものと思っていた。

P1190325pct13

こんなハミガキコをタイで見つけた。プラスチックの容器に入って
いる。英語でTooth Polishing Powderと書いてある。
歯を磨く粉と言う意味だよね。
粉と言ってもこんな容器に入っているのだから、練り歯磨きだろう
と思った。開けてみたら本当に粉だった。昔の歯磨き粉だ。
塩っぱい味で、香りは仁丹のようだ。
これも悪くない。タイには粉状のハミガキコが未だにあるので驚い
た。この他にもハミガキコを見つけたのでおいおい紹介する。

2011/6/11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月13日 (月)

卵焼きもタイ風です

安かったからと言ってまた卵を買い込んできた。またしばらく卵料理
とお付き合いしなくてはいけないと覚悟を決めた。
するとさっそく卵焼きが出てきた。今日の卵焼きはやたらと肉が多い。

P1190314pct13

こんな卵焼きを日本人は作らないから、タイ風の卵焼きということに
なる。俺たちが普通、卵焼きと言うと本当に卵だけを焼いたものを
さす。もちろん、そのような卵焼きもタイにはある。
肉・野菜と一緒に卵を焼いたものがヌチャナートの卵焼きなんだ。
こっちの方が卵だけより豪華と考えるのか?
それとも栄養のバランスを考えてこんな料理になるのか?
「塩っぱかった?」
「ああ、ちょっと塩っぱいな。でも飯にはちょうどいいよ」
米国人がこんな卵料理を見たらタイ風オムレツと考えるのかな?
タイ風スクランブルエッグと考えるかな?

2011/6/11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月12日 (日)

空芯菜は朝顔

その昔タイで、英語のメニュウでmorning gloryと書かれたものを注
文し美味いと思ったことを何度かこの
ブロッグに書いた。
日本ではmorning gloryと言うのは夏の朝に咲く朝顔のことだ。
あんまり美味いと思ったので、morning gloryの現物を見たかった。
朝顔と言うのは蔓が伸びて育つ物
だ。
「これがそうだ」と教えられた野菜は地面に広がる青い草だった。
花が咲いているのをみたことがある。花はまさしく朝顔だった。
この野菜は朝顔の仲間なんだとその時、理解した。
空芯菜はタイ料理にはよく使われる。みずみずしい空芯菜が市場
には並んでいる。

ヌチャナートが香菜を買うと言い出した。種苗屋に行ったが目指す
香菜の苗がなかった。それで種を買うことにした。
買った種の中に空芯菜があった。
「おいおい、そんな物を買ってウチで作れるのかよ?」
俺の心配を察したヌチャナートは「大丈夫よ」と言う。
育つそばから切り取って食べてしまうので、小さな場所でも栽培で
きると思っている。そのような栽培法を今までも見てきたので、多
分ウチでも空芯菜を栽培できるだろうと思う。
その種を何時どの鉢に植えたのか俺は知らない。

鉢から小さな芽がでていた。
「空芯菜の芽がでているわ」
新しい芽が鉢の土から現れている。水をやりながら空芯菜の芽を
観察していた。やがて葉が出来てきた。
その葉はまさしく朝顔の葉だ。

P1190317pct13

「ああ、やっぱり空芯菜は朝顔なんだ」と葉を見て思った。

2011/6/10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月5日 - 2011年6月11日 | トップページ | 2011年6月19日 - 2011年6月25日 »