« 2011年7月31日 - 2011年8月6日 | トップページ | 2011年8月14日 - 2011年8月20日 »

2011年8月11日 (木)

高菜のタイ料理

これは高菜の漬物を使ったタイ料理だ。
漬物に対する考え方を日本とタイで比較する。
共通していえる事は日本でもタイでも漬物は保存食という考えだ。
安い時、大量に手に入った時には漬物にして保存しておく。
漬物と言うのは日本では完成された食品と考える。
完成された食品だからなにも手を加えずにそのまま食べる。
味をより複雑にするために、せいぜい醤油を少々かける程度だ。
それに対してタイ人は漬物は料理の素材と考えるので、漬物を
そのまま食べることはない。
かならず何がしかの手を加えて食べる。

P1190840pct13

高菜の漬物を水洗いして塩出しをする。
ナンプラ、唐辛子、肉を加えて煮込む。
こうすると完全にタイの味になってしまう。
漬物を煮るなんて日本人の発想にない。
ナンプラの代わりに醤油を使えば和風の創作料理ができる。

2011/8/10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

蒸し鶏

P1190658pct13

蒸し鶏をほぐして真空パックにしたものがあった。
これは簡単に料理を作れる便利な素材だ。
ところがなんだ、ちょっと味見をして
「この鶏は不味い」とヌチャナートが言い出した。
安い鶏肉だった。俺も味見をしたが不味い肉だ。
そんな不味い鶏肉だがヌチャナートはタイ風に味付けしてくれた。
「おお、これなら食える!」
ちょっと手を加えたなら、不味かった肉が美味しい肉に変身した。
これは立派なタイ料理だ。
唐辛子の辛さで味がわからなくなったんじゃないの?
そう言われればそうかもしれない。
唐辛子で騙されている、誤魔化されていても結果的に美味しいと
感じられればいいんじゃないの?
料理や食事は楽しむことが大切なんだ。

2011/8/3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 9日 (火)

パットママー タイの焼そば

即席麺を使った焼そばだ。この麺は汁入りの麺なのだが、汁を
使わ
ないで焼そばにした。
インスタントラーメンの麺を茹でてそれで焼そばを作ったと思え
ばいい。ヌチャナートは料理を作るのが面倒なので、こんな焼そ
ばを作り俺に
食わせている。
小腹が空いた程度でそれほど腹が空いていないからこれで充分
だ。添付の小袋に入った調味料は使わずナンプラなどウチにあ
る調味料
で味付けしている。
俺は日本のインスタントラーメンを使って焼そばを作って食うが、
日本
人はあまりそんな食べ方をしないと思う。
多くの人はインスタントラーメンと書いてあったなら必ず汁入り
麺にする
。焼そばが食いたければ、インスタント焼そばを買うの
ではないか?

P1190809pct13

マ・マーと総称されている汁入り即席麺を使ってタイ人は当然の
ごとく
よく焼そばを作る。
その点は日本人とタイ人では違うな。
料理は創造力でいろいろな味を楽しまなくてはいけない。
タイの即席麺で作った焼そばにレモンをかけ、ナムプリックと
一緒に食
べるのもいいよ。

2011/8/7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 8日 (月)

ゲンノーマイ

竹の子と牛肉を使ったタイ料理だ。ヌチャナートが竹の子が好き
だから、よく竹の子を使った料理がでる。
竹の子はタイの物が美味しいなんていつも言っている。
タイの竹の子なんて缶詰でしか手に入らない。
これは茹でて真空パックにして売っている中国の竹の子を使って
いる。タイの物も中国の物もどちらも熱がかかっているから似た
ような味だ。それでもタイの物が美味しいと拘っている。

P1190802pct13

これも辛い料理だ。毎日々こんな料理を食っていると、辛いと感
じなくなる。口の中が火事になる感覚が消えちゃったのだ。

2011/8/7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 7日 (日)

食べ物と健康8071

ある食い物がある病気によいという話が数多くある。
その数が多すぎるので何を食っても身体にいいのではないかと
思ってしまう。
今日は玉葱と南瓜が身体によいと言う広告が目に入った。
詳しく知りたい方は本を買ってくださいね。

「タマネギはやはり糖尿病の妙薬」斎藤著 ブックサービス㈱
ペガサス食と健康の本

「生活習慣病に勝つタマネギ料理」山田著 ブックサービス㈱
ペガサス食と健康の本

「高血圧に勝つカボチャ料理」 山田著 ブックサービス㈱
ペガサス食と健康の本

2011/8/7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤムカイヨーマー 皮蛋のサラダ

P1190706pct13

俺は今まで皮蛋を好まなかった。それは皮蛋が持っているアンモニア臭
が嫌だったからだ。タイの屋台で皮蛋を使った料理を食ってから、皮蛋
が好きになった。今日は皮蛋のタイ風サラダだ。
皮蛋を箸で掴みナンプラを使ったドレッシングをたっぷり黄身に染み込
ませる。そして唐辛子とニンニクを乗せて食べる。
こうして食うとアンモニア臭なんて感じない。
茶色く透明になった白身がプリプリしている。
黒くなった黄身はほくほくしている。
酒の肴にいい料理だ。
薄荷の葉を添えた。これも軽い香りがする。
日本人の食事では薄荷は使わない。
彩りも綺麗で食っても美味しいから試してみる価値があるよ。

2011/8/6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月31日 - 2011年8月6日 | トップページ | 2011年8月14日 - 2011年8月20日 »