« 2011年9月18日 - 2011年9月24日 | トップページ | 2011年10月2日 - 2011年10月8日 »

2011年10月 1日 (土)

食べ物と健康X011

いつものように食べ物と健康に関する広告に目をむけた。
今日はこんな広告が目に入った。
近所の八百屋や魚屋で買える食い物でなくてはいけないと拘っ
ている。アサイベリーが視力によいと聞いても、アサイベリーな
んて食い物を八百屋で見たことある?
俺は勝手にアサイベリーは食い物だと思っているだけだが、こ
んなものは初めて聞いた。

しばらくバナナが何によいという広告が続いていたが今月はバ
ナナが何かに良いという広告がないな。
そう言えば原発事故以前にはこれを食うと放射能が云々という
記事・広告はなかったな。
最近は放射能の防御だか排泄に云々という記事・広告が目に付く。
時代の流れを感じるな。

「夢21」誌 2011年11月号 わかさ出版

冷え退治こそひざ痛を治す隠れた秘訣で医師がすすめる特効
療法はぬりショウガ

物忘れ認知症・脳梗塞退治に効いた!
手作りニンニク油が評判!

糖尿病高血糖の人が世界も注目の血糖降下食キクイモをこぞ
って食べだしぞくぞくと改善中!

紫根がシミに効くと広告にのっているが、これはどちらかと言う
と漢方薬だ。食い物ではないのでとりあげない。

「安心」誌  2011年11月号 マキノ出版社

飲めば病気が逃げていく!
カツオ節で作る即席汁 かちゅー湯
メタボ撃退成分が充満の沖縄の伝統食

髪が増えた!ツヤ、コシ復活!
手作り小麦粉シャンプー
フケ、かゆみが消えた!抜け毛も解決!

大学教授、放射能防護の専門家がズバリ指南!
安全で体に効く!
「水」 今すぐ役立つ! 総力特集
症状別 脳梗塞、心筋梗塞、糖尿病、ダイエット、高血圧、アレ
ルギー作家、タレント、モデル、水博士の「
私は今、この水を飲
んでいる!」電話一本で注文できるミネラルウオーターカタログ
厳選10!など

「はつらつ元気」誌 2011年11月号 芸文社

体温上げる!のぼせに効いた!スッと熟睡!更年期・
煮ショウガでシミ退散

今月号にもアカシアポリフェノールが糖尿病によいという記事が
あるけどこれは食い物ではないから外す。
アサイベリーが視力の向上によいと言うが、これも八百屋で簡
単に手に入る食い物ではないから対象からはず
す。

「日経Healthヘルス」誌 2011年11月号 日経BP社

一番手軽なやせ体質の作り方
一日一個「たまごレシピ」で太らないカラダに!

温めると効果倍増!食事と一緒に
スプーン一杯でやせる
「ホット酢」ドリンク

「タニタの社員食堂」栄養士が考案
ショウガ味噌汁ダイエット

2011/10/1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月30日 (金)

キロ単位で買う唐辛子

110919081803pct17

ある農家が日本に住むタイ人相手に生唐辛子を栽培している。
その農家はあちこちに住むタイ人と連絡を取る。
各地域の世話人が知り合いのタイ人から注文を取り纏める。
農家は世話人宅にどーんと生唐辛子他タイの野菜を送りつけ
る。注文した人は世話人宅に取りに行く。
新鮮な生唐辛子が手に入るのでわくわくしながら取りに行く。
世話人宅に行くと旧知のタイ人、新しいタイ人に出会える社交
の場だ。生唐辛子なんてタイでは年がら年中手に入るが、日本
ではそういうわけにいかない。
知り合いが注文したが世話人宅に取りに行くことができないの
で代理に引き取りを頼まれた。
これが知り合いが注文した品だ。
「えーっ!そんなに唐辛子を買ったの!?」
これは普通か普通以下の注文量です。
日本に住むタイ人の場合、配偶者が日本人または外国人で配
偶者が辛い料理は駄目という組み合わせもある。
それでもこの位の唐辛子を買い込む。
ウチの場合、これよりも多く買い込んだ。
心配御無用です。ちゃんと消費しちゃいます。無駄にすることは
ありません。
これを見て度肝を抜かれるかもしれませんね。
食文化の差です。唐辛子のないタイ料理なんて考えられないの
です。

2011/9/19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月29日 (木)

欲求不満爆発料理

俺が毎日ウチで食っている料理は極々普通のタイの家庭料理
だと思っていた。まあ極めてそれに近い料理なのだが、やはり
ちょっと違っているらしい。
例えば唐辛子の数を減らして辛味を押さえていたらしい。
言ってみればお子様タイ料理だったなのかな?
そんな味付にヌチャナートの欲求不満が爆発した。
「今日は本当のタイの味付にするわよ!」
こんな宣言をされてしまった。
いつもより香草や唐辛子を多めに臼にいれて潰している。
「見てよ、こんなに入れるわ」
そう言いながら嬉しそうに笑う。
フライパンに肉を入れて香草ミックスと炒める。
家中に香草のかおりと唐辛子の刺激臭が立ち込める。
換気扇を回し、窓や戸を開けるが、開ける時が遅すぎた。
「サミイ!扇風機もまわしてよ!」
扇風機を回して刺激臭を表に追い出す。
それでもクシャミをした。

P1200086pct13

欲求不満が爆発した料理を弁当に詰めた。
これは相当辛いはずだ。量を控えめに詰めた。
食って見ると、やはり辛い。
この辛さがタイ人にとって普通の辛さ、大人の辛さなんだ。
食っていると汗がでてくる。
汗を拭きながら食う様はあまり格好のよい様ではない。
この料理は辛さの向こうに美味さがある。
その美味さを求めて辛さを堪えてくってしまう。
これがタイ料理がもっている魅力的な美味さなんだ。
ただ単に辛いだけでない複雑な香りと味があるタイ料理の奥
は深い。

2011/9/28

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月28日 (水)

春雨入りチキンカレー

こんなタイトルを見ると黄色いカレーに春雨が入っていると思う
だろうな。これはタイカレーだから黄色ではない。
ゲンガイサイウンセンというタイ語を和訳するとこんな意味にな
る。
「辛いの?」
当然、タイカレーですから辛いはずです。
「辛いはずですって?アンタ、食ったんでしょ?」
はい、食いました。でも辛いと思わないのです。
こんなもんばかりを食っていると、辛いはずのものも辛いと感じ
なくなっちゃうんです。
ピンポン玉のようなタイの茄子も入っています。こんな茄子も
簡単に手に入るようになり、タイ料理が身近になりました。
ラーメン、ハンバーグなら何処でも簡単に食えるけど、タイ料理
を食わせてくれる店なんて大きな駅の繁華街
にしかないよ。そのような店でもこのような家庭料理は出してない。
110927124128pct17

2011/9/27

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月26日 (月)

嬉しい食い物

俺は何を食ったら何によいと言う食い物と健康に関する広告に
目を向けている。そして今日もそんな広告を探していたら、雑誌
クロワッサンの広告が目に入った。

クロワッサン特別編集
「免疫力をアップする、発酵食のすすめ。」
マガジンハウス 780円

俺は常々、各家庭で保存食を作るべきだと考えている。
缶詰や瓶詰めは作るための道具が必要だが、干物、乾物なら
道具は不要だ。
塩漬、味噌漬けなら家庭の何処にでもある容器で作れる。
漬物というのは醗酵食品なんだ。
自分の家で作れる食い物を食って免疫力が高まるなんて嬉し
い食い物じゃないですか!!
醗酵食品は保存が利く。
安い時に買っておいて、醗酵食品を作っておくと家計が助かる。

津波・原発事故の後、保存食、醗酵食品への関心が高まった
みたいだ。この動きを俺はいいこと、嬉しいことと見ている。
無名の個人が醗酵食品の重要性を説いても相手にされない
が、雑誌に書いてあるように辰巳芳子さんという権威者が言
うと「なるほど」となる。
俺達はもっともっと醗酵食品に目を向けなくてはいけない。

タイの市場へ行ってごらん!
日本でも昔は家庭で作っていた醗酵食品がタイの市場にはあ
るよ。この記事、クロワッサンを読んで醗酵食品に興味を持っ
たらタイの市場に行きましょう。
いろいろな発見があり、わくわくしちゃいますよ。

2011/9/25

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冷蔵庫の冷や飯

冷蔵庫に入れておいた冷や飯でカオパットを作った。
カオパットというのはタイ語で焼飯、炒飯のことだ。
これは俺だけの感覚なのかもしれないが、焼飯に卵が入らなく
ともいいと思っている。
でもタイ人は焼飯には卵が入るべきだと考えている。
刺身に山葵がなかったなら美味しくないと日本人が考えるの
に似た考えだ。

レモンを絞って酸味をつける。マナオと言われている小さな緑の
ライムは日本では手に入らないので黄色いレモンで代用した。

炒飯に酢をかけて食っている日本人を見たことがないから、カオ
パットにレモンの酸味をつけることに違和感を
感じるかもしれな
い。やってみると酸味があると味がしまるのに気づく。
写真にはないが、これに生唐辛子をパラパラと散らしてから掻き
混ぜて食べる。

P1200067pct13

このスプーンは多分、タイで買ってきたものだ。
薄っぺらのステンレスのスプーンだが、タイの庶民から見ると高
級品に見えるかもしれない。

それにいかにもタイの屋台飯ですよという雰囲気を出すために
コップの水を写真に入れた。
何故かタイ人は食事と共に必ず飲み物を注文する。
暑いから飲み物が必要なのか、唐辛子の刺激を緩和するため
に飲み物が必要なのかな?

路上の屋台でこんなカオパットを食べたことを思い出させるでしょ。

2011/9/25

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月18日 - 2011年9月24日 | トップページ | 2011年10月2日 - 2011年10月8日 »