« 2011年10月9日 - 2011年10月15日 | トップページ | 2011年10月23日 - 2011年10月29日 »

2011年10月22日 (土)

脂身の多い豚肉

ウチの場合、安い肉しか買わない。特売だと大喜びして買う。
この肉も脂身ばかりの安い肉だ。
これを使って炒め物にした。
何しろ脂が多いから、炒め物にするにも油が不要だ。
肉から出てくる油で炒め物が出来ちゃう。
そこにタマネギを加える。
こうして炒めたものを網に乗せて油を切る。
網の下に大量の油が出る。
油を切った肉はほどよく炒められている。
これにナムプリックを加えて掻き混ぜて食べる。

P1200173pct13

肉、油と玉葱に唐辛子の辛味が加わるとまとまった味になる。
こんな味を美味いと感じるようになるには、訓練が必要だ。
一朝一夕では唐辛子の辛味に慣れない。
毎日、毎食、唐辛子が少しだか大量に入った飯を食い続けていると
脂身の多い安い肉を使ったこんな味も美味いと感じるようになる。

2011/10/20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月20日 (木)

鶏の唐揚と大根おろし

「今日はこれで」と素材を出すと、それをどんな料理にするかはヌチャナ
ートが決める。鶏肉を出した。俺はなんとなく鶏肉を煮込むタイ料理が
出るものと思っていた。トムカーガイになるのか、ゲンカリになるのかイ
サーン料理になるのか分からないが煮込み料理だろうと思っていた。
「これをどうやって食べたいの?」なんて聞かれることもがあるが、俺の
答えは決まっている。
「アラーイゴダイ」
”なんでもいいよ”では答えにならないのは知っているが、特にこれを食
いたいというのがないからしょうがない。ヌチャナートが自分で料理を考
える。
「ねぇー、揚物でいい?」
「うん」鶏の唐揚が出てきた。

P1200170pct13

こんな鶏の唐揚げは日本では珍しくない。
俺は大根おろしを作っていた。これを熱い飯にかけて食いたかった。
「この唐揚を大根おろしで食べると美味しいのよ」
タイ人にしては面白い発想だ。ちょっと気になったので聞いてみた。
「鶏の唐揚をタイでは大根と一緒に食べるかい?」
「食べないわよ」やっぱり思った通りだ。
日本にいると、タイ人もごく自然に日本人的な食べ方になって来るのだ。

2011/10/19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月19日 (水)

たまには既製品を

P1200166pct13

いつもいつも手作り、自家製のタイ料理を食っている。
町に出ると最近はいろいろなインスタントタイ料理、タイから輸入され
た素材が出回っている。いつもはインスタント料理に見向きもしない。
ウチではナンプラなど基本素材しか買わない。それだけで充分にタイ
料理を日本で作れるからだ。
今日は賞味期限まじかな「タイハーブ鍋セット」というのが安売りして
いた。通常価格の半額だから買ってみた。

「今日はこれを食おう」買ってきた「タイハーブ鍋セット」を取り出した。
日本語は読めないが、包装の写真を見てヌチャナートは料理を理解
する。
「ねぇー、火鍋がある」
「あるけどなー ・・・・・・・」
鍋を用意して、片付けるのが面倒だ。鍋を取り出すのを躊躇った。
「いいわ、普通の鍋でやりましょうよ。冷めたらまた火にかければ
いいわね」
「そうだね」
こうして非正規の「タイハーブ鍋」を作った。

P1200169pct13

「タイハーブ鍋」と言うのは、水炊きのスープにタイの香草を加えて
煮込み、辛いソースをつけながら食べる料理と思えばいい。
スープを味見してヌチャナートは「美味しくないわ」と呟き、ベランダ
の香草を加える。包装には「タイスパイシーソースは非常に辛いの
で取りすぎに注意」と書いてある。
辛いと言うタイスパイシーソースを味見すると俺達には甘くて全く辛味
を感じない。ウチで作ったスパイシーソースを使うことにした。
いつも食っているナムプリック、ナムチムはもっと辛いのだと改めて
知った。添付されている袋の味に俺は満足できない。
「タイハーブ鍋」とこれを輸入している会社の名誉の為に断っておくが、
この製品が不味いのではなくて俺の味の好みが完全に変わっている
のだ。包装が指示しているのと同じ食べ方をしていないから、俺には
この味を美味いとか不味いという資格はない。
タイの田舎料理の味に慣らされてしまい、工業的に作られる味に馴染
まなくなっているだけだ。
辛いと言う「タイスパイシーソース」は日本人向けにアレンジされた味
かもしれない。俺には甘く感じられる「タイスパイシーソース」は生の
胡瓜につけると実にいい味になる。
金山寺味噌のタイ版と感じてしまう。
ウチではこの工業的な味は馴染まないが、日本の家庭で簡単に作れ
てタイの味を懐かしみ、楽しむにはいい製品だ。

2011/10/18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月18日 (火)

二人の胡瓜

P1200164pct13

「ねぇー、胡瓜食べるでしょ?」
「うん」
俺は胡瓜を使った料理が出てくるのだと思っていた。
胡瓜の食べ方は日本人とタイ人では違う。
生か漬物にして胡瓜を食うのが日本人だ。
日本人は胡瓜を煮るとか炒めることはないが、タイ人は胡瓜を生でも
食うが煮たり炒めて食うことが多い。
また胡瓜を煮込んだ料理が出てくるのだと思っていた。
ポクポクと音がする。
何を作っているのかと見ると胡瓜のソムタムを作っている。
「胡瓜のソムタムを作るのかい?」
「そうよ」
またあのくさい腐った魚などを入れるのだろう。
「俺はいらないよ」
「サミイの胡瓜はできてるわ」
食卓を見ると胡瓜の厚切りがでている。
俺に食わせる胡瓜は切っただけの手抜き料理だ。
自分が食う胡瓜はソムタムのように手をかけている。
この差別は大きい。
厚切りの胡瓜をよく見ると、タイ風に胡瓜の皮を剥いてある。
少しは手をかけているからまあよしとするか?
しかしなぁー、こうして二つの胡瓜を並べると手をかけた物とかけなか
った物の差は大きいな。

2011/10/16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガイピンとキャベツの煮込

日本人はカタカナ名前の料理が好きだ。
ただねぇー、そのカタカタがヨーロッパの言語だとありがたがるのだが、
これがタイとかマレーと言った東南アジア言
語だと「なーんだっ!」って
なっちゃうんだよね。
ガイピンはその”なーんだっ!”の料理で、日本語にすると焼鳥だ。
味付はナンプラを使ってタイ風になっているのでガイピンと呼ぶ。
今日の料理に使う焼鳥は昨晩の残り物だ。
残飯だがヌチャナートはそれを使って新しい料理を作る。
「サミイは野菜を食べなくちゃ駄目よ!」
そうなんだ。それは俺も分かっている。野菜を食っていれば通じがよく
なる。肉ばかり食っていると便秘になる。
野菜なら腹一杯食ってもカロリーは低い。
ダイエットしたいなら野菜を食うべきなんだ。
頭で分かっていても野菜を食わない。
「キャベツ食べるでしょう?」
一応は俺の承諾をとっている形だが、否応なしにキャベツを食べさせ
る気だ。その証拠にキャベツを取り出して切り始ている。
「キャベツは嫌だ」なんていう暇はない。
「肉はこれよ」昨日の焼鳥をキャベツが入った鍋に入れちゃう。
あっという間の出来事だった。
英語でレモングラスと言っている草を加える。これを加えるとぐーんと
香りが立つ。タイ料理だから当然のように唐辛子が入る。
唐辛子は香り付けと同時に彩りでもある。

P1200162pct13

昨晩の残りの焼鳥を煮込んで全く新しい料理にしちゃうという発想が
面白い。黙って出されれば残飯だなんて思わない料理だ。

2011/10/15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月17日 (月)

食べ物と健康広告X161

食い物と健康の関係を述べている広告を探している。
その昔はこれを食うと健康になる、胃腸によいといった内容の
広告が多かった。いつのまにか長寿社会になり、ダイエットに
はこれを食えという内容のものがふえた。
3月の大津波、原発事故以後は放射性物質の排除に効果が
ある食品という広告が増えている。
今は放射性物質はセシウムに限られているが、そのうちに放
射性物質ストロンチウムには例えば玉葱、ナニナニには柿と
か放射性物質ごとに食い物が変わっていくかもしれない。

「ゆほびか」誌 2011年12月号 マキノ出版
今 話題の有害物質・残留農薬を排出!2日で11回も宿便が
出た!
医師考案「腸内細菌を整える解毒スープ」
こんな広告があったが、スープの食材が書いてないのが残念だ。
詳しく知りたい人は本を買ってください。

「壮快」誌 2011年12月号 マイヘルス社・マキノ出版

ステーキで元横綱が10キロ減!
ビールも飲んで9K㌔やせた!
二重あご、ひざ痛も消えた!

発見!放射性物質セシウムの排出を促すという実験結果も
大腸ガン、ぜんそく アトピーも防ぐ!
リンゴの煮汁

「わかさ」誌 2011年12月号 わかさ出版

ゼラチンスープや腰当、ひざ突き出しで防げた治った驚いた!
椎間板ヘルニア ぎっくり腰が劇的に解消!
腰痛知らずに一変! 軟骨の新強化法

「健康365」誌 2011年12月号 ㈱エイチアンドアイ

「ニチニチ草」が脳の若返りに有効とか、ビルベリーエキスが
緑内障になど目の病気によいとかシルク微粉末が白髪、抜
け毛に効くとか、「ハナビラタケ」がガンに効くなんて毎月似
たような記事がでている。
これらは普通に考える食べ物ではないから対象から外す。

認知症が大幅に改善!徘徊・興奮がよくなってうつも軽快 
家族は介護がらくと
「米ぬか脳活性食」が全国で話題

2011/10/16

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2011年10月9日 - 2011年10月15日 | トップページ | 2011年10月23日 - 2011年10月29日 »