« 食べ物と健康広告1162 | トップページ

2012年1月18日 (水)

インスタントのタイ料理

最近はあちこちでタイ料理の素材を売っている。
肉、魚、野菜を加えれば簡単にタイ料理ができるという奴だ。
ヌチャナートの気に入らないとわかっていたが、そんなものを
買って来た。パッケージを開けると小さなタブロイド版の日本
語の新聞が折り畳んで入っていた。
そこに鮭を使った料理がでていた。
鮭の切身が並んでいる写真を見てヌチャナートが言った。
「なーに、これ?タイに鮭なんてないわよ」
デパートの食品売り場にいけば鮭はあるが、輸入食品なの
で庶民の手の届かない高級食材だ。
庶民が買物をする市場には鮭なんてない。
それなのにタイ料理、タイ食品の新聞に鮭をつかった料理
があること自体がおかしなものとヌチャナートは感じている。
料理研究家とかフードクリエイターと言った人が鮭を使った
タイ風料理を作っていた。
日本人の感覚だと充分にタイの雰囲気、異国情緒のある
料理なのだ。そんな料理の写真を見て、ヌチャナートは呆
れたように言った。
「こんなのタイ料理じゃないわよ!」
なるほどね、これはタイ人から見るとタイ料理には見えない
のだ。

俺達がタイで日本の料理というのを見ると、なんとなく間が
抜けているのを感じる。例えばたこ焼きにカニボコが入って
いるなんてものが和食として堂々とまかり通っている。
それと同じなんだ。
タイ人から見ればこんなたこ焼きも充分に和食なんだ。
むしろタイ人の味覚にあわせて日本のたこ焼きよりも、もっと
美味しいたこ焼きを創造したと感じているはずだ。

俺はおかしなタイ料理だかタイ風料理を作った日本の料理
研究家を批判する積りはない。日本人の感覚を脱しきれな
いからタイ人からみるとおかしなタイ料理になっている。
料理は新しい土地に入ってそこで変遷するものだ。
日本人から見ておかしな和食、タイ人から見ておかしなタイ
料理、そんなものがあっていいのだ。
そこから新しい味や食文化が生まれてくる。

2012/1/18

|

« 食べ物と健康広告1162 | トップページ

コメント

初めまして。
こちらのブログで、タイ料理及びタイについて、様々な事を学ばさせていただきました。
最近体調が優れないとの事でしたが、無理なさらず、どうかゆっくり休んでください。


投稿: kei | 2012年7月 1日 (日) 01時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/43786652

この記事へのトラックバック一覧です: インスタントのタイ料理:

« 食べ物と健康広告1162 | トップページ