2009年11月14日 (土)

焼魚を盛付ける

P1130228pct13

鰯の塩焼きは大好きだ。ポルトガルでも鰯の塩焼きをよく食べる。
レモンの汁をかけて、生玉ネギと一緒に食べる鰯の塩焼きは美味
しい。ウチの場合はタイ風に唐辛子を使ったソースで食べる。
これも美味しい食べ方だ。

俺達日本人には魚の盛付けに決まった形がある。
魚の腹を手前にして頭を左に置くことになっている。
そんなことをタイ人は気にしないようだ。
こんな具合に魚を盛付けてきた。こんな盛付けは俺には落ち着か
ない盛付け方だ。
P1130224pct13

盛付け方を気にしないで唐辛子ソースをかけて食べる。
ワタには苦味があるけど、この唐辛子ソースをかけると苦味なんか
消えてしまう。こんな食べ方をしたら日本人の口の中は火事になっ
てしまい飛び上がる。大根おろしと醤油の味もいいけど、こうやって
食べる鰯も一風変わった味を楽しめる。
この食べ方がタイ人の普通の食べ方だ。

俺は鰯の頭を食べ残した。
「あら、頭を食べないの?あたしが食べるわ」
魚が好きなヌチャナートは俺が食べない鰯の頭を食べてしまった。

ある調査によると日本の家庭は、買った食べ物の30%はゴミにして
いるそうだ。ジャガイモの皮、大根の葉・・・・まだ食べられるのに
賞味期限が過ぎたことで捨てられる食品・・・・などなどだ。
食べ物を捨てないようにすれば食糧自給率は高まる。
今日の鰯で残ったものは中骨と尾鰭だけなので、重量換算で97%
は食べたことになるな。
ゴミを出さなければ、エコにも繋がる。

2009/11/13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月21日 (金)

パットムー 豚肉とアスパラの炒め物

P1020548pct13 カナダ産の豚肉があった。俺は国産だろうが、白豚、黒豚、イベリコ豚などにこだわらない。
与えた餌の種類で脂肪の味などが変わるが、香草を沢山加えたタイ料理だとどの豚肉を使っても同じ味になる。
こだわりを持つのは値段だけで十分だ。このカナダ産の豚肉は大きな塊で買うと割安になる。
使いやすい大きさに切って冷凍しておく。
今日はその豚肉を取り出してパットムーを作ってくれた。
これは食べると香草の香と辛味で夢中になって食べてしまう料理だ。
しかし、調理している間は刺激臭が飛び出る。
くしゃみをしながら料理ができあがるのを待つ。
これも楽しみだ。
細いアスパラも一緒に炒めた。アスパラの緑、肉やたれの赤で色の対比が鮮やかだ。
グリーンアスパラは俺の好物だ。いつからアスパラを好むようになったのか思い出せない。
子供の頃はアスパラなんてなかったから、大人になってから好むようになったはずだ。
この辛いソースとアスパラはあう。
いい味だ。アスパラは噛むとさくっと切れる。
肉がなくなりかけた皿に美味しいたれがついている。
これを洗い流すなんて勿体無い。ご飯を皿にいれる。肉や野菜と一緒にご飯をかき混ぜる。ご飯にたれがからまる。
こうして食べると、美味しくご飯を食べることができるうえに、皿が綺麗になる。
エコロジカル、環境に優しい食べ方だ。

2007/9/20

クチコミblogランキング TREview 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月30日 (月)

蝉を食べる女

地球温暖化の影響なのかわからないが、今年は長梅雨だ。
毎日、雨の日が続く。
涼しいのはいいが、また冷夏ということで米が不作になると困る。
米だけでなくいろいろな生態系に影響がでている。

生態系と言えば「虫を食べる女」とかいう題名の時代物小説があったな。
その題名を読むとなんだか妖怪が出てきそうな感じがする。
昼間は可愛い美女だが、夜になると変身して虫をとって食べる、そんな妖怪小説のような感じだ。
昆虫食なんてタイでは当たり前だ。昆虫はタイ人の嗜好品だ。
ヌチャナートもいろいろな虫を食べている。
日本ではヌチャナートは蝉をとって食べる。日本人は蝉を食べないので蝉は油断して低いところにいる。
「日本の蝉は低いところにいるので、捕まえるのが簡単でいいわ」
なんて喜んでいる。
蝉は飼い猫サダムの玩具にもなる。大きな蝉が床の上でジイジイ鳴きながらバタバタする。
サダムは蝉に前足でちょっかいを出す。蝉がまた激しく鳴くとサダムは驚いてさっと飛び跳ねる。
さんざんサダムが遊んだ後の蝉をヌチャナートが食う。

「今年は虫が鳴かないわね」
「ああ、そうだね」
ヌチャナートに言われて、今年はまだ蝉の鳴声を余り聞いていないことを感じた。
「去年、あたしが食べちゃったかしら?」
そんなことはないと思う。

2007/7/30

クチコミblogランキング TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

酸っぱい筍 

今日はゲンノーマイピョウという酸っぱい筍を使った料理だ。
筍を発酵させて酸味を出させたものだ。
缶詰だか瓶詰めになっている。
タイの食材店で求めてきた。
筍はヌチャナートの好物だ。
ヌチャナートは筍を食べると膝が痛くなると言うのだが、好きな食べ物を止めることができない。R0019885pct20
今日も美味しいと言いながら食べている。

スープもちょっと酸味がある。
この料理は辛くない。
いろいろな香草が沢山入っているが、香草は食べる必要はない。
香草は豊かな香りを出すために使っている。
ウチはご飯を茶碗ではなく、皿に盛る。
一口分の飯を皿の端に持ってくる。
飯をスプーンで平らにして、スープを肉と一緒にかける。
ご飯とスープを混ぜ合わせて食べる。
スープとご飯の甘味で食欲がでてしまう。
食べ過ぎないように注意が必要だ。

2007/6/12

クチコミblogランキング TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 7日 (木)

ゴイクン タイの海老サラダ

ウチの飼い猫サダムに海老を与えた。
「食べるかしらね?猫に海老をあげているのをタイ人が見たら驚くわよ。」
物価の安いタイでも海老は高級品だ。
貧乏人は海老など食べられない。R0019829
面白半分にサダムに海老を食べさせたら食べた。
サダムが喜ぶからと言って、ヌチャナートはサダムのために海老を買ってくる。
そのうちにサダムも舌が肥えてきたらしく、赤い殻の海老は食べなくなった。

この海老もヌチャナートが猫のサダムのために買ってきたものだ。
どういうわけか気が変わったらしい。
サダムの餌を取り上げて、俺のためにサラダを作ってくれた。
生の海老サラダだ。
海老の甘味がじかに感じられる。
酒の肴にぴったりの料理だ。
のん兵衛なら誰でもこの味に満足する。
唐辛子を避けて食べれば辛くない。

2007/6/6

クチコミblogランキング TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)